2011夏 W650北海道・東北ツーリング(3) 釧路湿原~弟子屈

4日目 8月16日(火)

テントを叩き続ける雨音で起床しました。本当は早起きしたかったけど、雨の中の撤収が億劫すぎていつの間にか二度寝していたようです。小雨になったところでようやくテントから顔を出すと、前日に挨拶したツーリング夫妻が管理棟の軒先で撤収作業をしていたので、僕もちょっと間借りさせてもらう事にしました。

 

いやー、雨は参りますねーなんて談笑しながら厚かましくもコーヒーまで淹れていただいてしまいました。「本当は昨日一緒に飲もうって声かけようと思ったんですけど…」って昨晩は完全に雨の中引きこもって青空文庫読んでましたからね…。もったいない事をしてしまいました。

とても気さくで話しやすい方達だったので、冴えない天気と相まって出発がますます億劫になりそうでしたが、雨があがったところを見計らってキャンプ場を出発しました。

 

釧路湿原

キャンプ場は釧路湿原の北西の外れあたりに位置しており、釧路市街方面へ走る国道沿いだけでも湿原の雰囲気を感じる事ができます。写真は国道から一本入った道路ですが、ちょっと入っただけで360°ほぼ何も無い状態に。

 

そこからちょっと走って釧路市湿原展望台へ。
入館料460円也。

 

鬱蒼と茂った木々の向こうにはうっすらと湿原が広がるのが見えました。しっかし天気悪いなあー。

カメラ持って観光客丸出しながらどこか冴えない単身旅行者を不憫に思ったのか、説明係のオヤジさんがいろいろ教えてくれました。釧路は昔から漁業だけでなく石炭と製紙業が盛んなんだそうです。確かに桃鉄ではカニ漁業団の他にパルプ工場って物件があった気がしますが、石炭ってのは意外でした。

なんでも、釧路沖の海中には相当な石炭埋蔵量があるらしく、古くは大正時代から採掘が始まっていたんだそうですが、石油エネルギーへのシフトとコストの問題から、徐々に衰退していったそうです。しかし現在では技術研鑽の為の研究炭鉱的なポジションにシフトし、主に海外の炭鉱への技術提供に貢献しているのだそうです。勉強になりますねー。

また、写真にある木々はみんな背が中途半端でそこそこ若いように見えますが、これは全て製紙業が盛んだった際に伐採され、その切り株からまた伸びたものだからなのだそうです。湿原の中は流石に手付かずでしょうが、こんなところまで木を切りまくってたんだからイケイケドンドン時代の勢いは凄まじいものがありますね。

 

ちなみに展望台の中は釧路湿原の歴史や、湿原に住む生き物の生態についての展示があります。

 

水槽の隅からこちらを伺っているのは、釣り人なら一度は釣ってみたい幻の魚イトウ。臆病な魚などと知ったようなレッテルを貼られていますが、日本最大の淡水魚とされ、記録上では2.1mの個体が捕獲されたとのこと(Wikipedia調べ)。フライの腕が上がったら是非釣りに来たいですねー。

これで釧路湿原は満喫!と言いたいところなんですが、良く写真で見る「湿原の中を釧路川が蛇行する景色」ってのはこの展望台からは見ることはできず、市街地を抜けた湿原の東側の展望台から見えるのだそう。うーん、この後は根室方面へ進む予定なので進路から外れるし悩ましい…。

 

釧路市内へ

とりあえず腹ごしらえしてから考えようと、前日に行列で断念した釧路市内の回転寿司屋へ。メニューを見るとあまり北海道産のネタが多い訳ではないようでしたが、オススメされていた厚岸産のサンマの握りは確かに美味しかったです。写真手前のクジラの握りは下関でも食べたような気がするけど、やっぱりどこか特徴の無い味。強いて言えばあんまり魚っぽくない感じですかね。開店後30分くらいで入ったけど、すでに2、3組待ち客がいて、僕が食べ終わる頃にはさらに順番待ち客が増えていました。地元の人気店みたいですね。

回転寿し まつりや

 

昼から寿司なんて食って調子こいてるうちに外は本降りに…。コンビニの軒先で様子を見るものの、雨脚が弱まる気配も、雨雲が切れる様子もない。と、途方に暮れているところへ話しかけてくれた地元のオヤジさんと少し談笑。

「こんな雨降ってるんだから無理して走る事ねーよーw」

昔W1に乗っていたというオヤジさんの嫌味の無い言葉に背中を押され、根室行きは断念する事に。残り時間も微妙だし、天候も悪いし、無理して走っても楽しめなきゃ意味が無いですからね。というわけで湿原展望台で教わって行くか悩んでいた細岡展望台へ向かい、そのままこの日の宿へ行く事にしました。

 

釧路湿原 細岡展望台

釧路市街から展望台へのルートは単純なんですが、国道から外れた道が結構レベル高い。ツーリングマップルで言うと色の付いてない道です。片側1車線センターライン付きなのは最初の1kmくらいで、その後は急に道幅が狭くなったり、アスファルトが剥げはじめたり、いきなり踏切があったり、対向車が来たらギャーッ!ってなるような道を、力強く降り続ける雨の中、慎重に進むと…。

 

茂みを進んだ先に、一気に広がる釧路湿原の迫力は圧巻でした。…が、天気が悪すぎますね。この写真も肩に傘を挟みながらやっと撮りました。

 

広大な湿原の中を我が物顔で蛇行する釧路川の存在感が良いですね。次回は是非天気に恵まれた状態で訪れたいです。

 

釧路湿原~弟子屈

釧路湿原を満喫した後は、国道に乗って弟子屈方面へ。この国道391号もただの生活道路と思いきや、湿原周辺の変化に富んだ自然の中を走る抜けるので予想に反して非常に楽しめました。何度か立ち止まろうとも思いましたが、惜しむらくはこの悪天候…。やっぱりさっさと宿に向かって濡れた道具の乾燥と洗濯に精を出す事にしました。

この日は弟子屈にある「とほ宿」に泊まる事にしました。

「とほ宿」「旅人宿」って??
私たちの宿は「とほ宿」「旅人宿」と呼ばれています。施設や営業スタイルは民宿、ゲストハウス、ペンション、ユースホステル風と様々ですが、共通し ていることは「男女別相部屋の設定(ドミトリー)」「比較的安価」「お客さん(旅人と呼ばれる)同士の交流がしやすい」「定員が少ない」などが挙げられま す。すべての宿が保健所、消防署の営業許可を取得しておりますので、安心して楽しい旅にご利用ください。

とほネットワーク旅人宿の会・一人旅・ドミトリー宿・旅行情報・宿泊情報

 

つまりは旅人向けのリーズナブルな宿ってところでしょうか。

今回お世話になったの鱒やさんというお宿。その名の通り、道東方面への釣り客の基点宿として人気が高いようです。ご主人は特にフライフィッシングに精通しているようなので、いずれの目標である北海道キャンプ釣りツーリングに向けていろいろ教えてもらおうと企んでいたのですが、忙しそうだったのと周りの常連さんの輪が強くてなかなか機会が無いまま夜が更けていくのでした…。

同室になった人のイビキがうるさくてマジで眠れなかった…。今まで僕のイビキで迷惑かけてた皆さん本当にごめんなさい。

 

この日の走行距離:161km

 

2011夏 W650北海道・東北ツーリング(2) 苫小牧~襟裳岬~釧路

3日目 8月15日(月)

苫小牧の漫画喫茶にて6時半ごろゴソゴソ起床。ナイトパックの精算を済ませたら出発です。ネットなんかしないでもっとマンガ読めば良かった…。外に出てみると昨夜は相当降ったような跡があるものの、意外にも雨はあがっていました。時折雲の切れ目すら見える。

 

というわけで早速お約束のセイコーマートで朝食。コンビニで写真撮影するなんて完全に観光客ですね。
セイコーマート自体は茨城にもあるんですが…。

 

苫小牧~襟裳岬

昨晩は漫喫泊で風呂に入っていないので途中の温泉へ寄る事にしました。
みついし昆布温泉「蔵三」ー天然温泉

開店まで待って入浴しましたが、安いのに広くて綺麗で良いところでした。ただこの辺りはお目当てになる有名スポットが乏しくてどうしても通過点になりがちだし、なかなか来る機会もないかもなー。

 

様似町の通称「塩釜ローソク岩」で少し休憩。海沿いは涼しいを通り越して寒いくらい。特にトンネルの中は去年のオホーツク同様の冷蔵庫。

 

もちろん停まればジメっとした蒸し暑さを感じる場面もありますが、海側から吹き付ける風は夏の風って感じじゃなかったです。それでも海では潮の引いた浅瀬で磯遊びしてる人達や、水着姿でバーベキューに興じる若者グループ達がいました。

 

おおおおおおおおおおおお海の中になんかいる!!!!!!!!!

と思わずカメラを向けましたが、昆布漁をしている漁師さんでした…。結構沖の方だったのですがかなり遠浅みたいですね。大変失礼しました。日高地方は日高昆布とさっきの温泉名にもあった三石昆布が高級品として有名なようです。

 

振り返ってバイク撮ってみましたが、雨よけブルーシートの存在感半端ねえ…一気にプロキャンパー度が上がりますね。川崎ナンバーだしね…。

前述した通り、今回はタンクバッグの増設により小物類の収納に関しては飛躍的な改善ができたのですが、東北ボランティア用の装備が嵩張ってホムセン箱の中と上がパンパン。着替えなどの予備荷物の量を見直して何とかなりましたが、いつも通りの無理矢理感満載の積載です。

 

時々ポツポツきたりしましたが、ほぼ降られずに襟裳岬周辺まで来ました。ずっと走ってきた国道を外れてからの道が海沿いなのに牧草地みたいで良かったです。

 

風極の地 襟裳岬

 

 

というわけで到着した襟裳岬はすごい風。山の上から出てきた霧が風で海に流されてる。岬自体は火曜サスペンス的スポットで、これはどこも同じですね。山脈がそのまま海に落ち込む襟裳岬の地形は珍しいらしいのですが、素人にはさっぱりでした…。

しかしこの「風極の地」ってのは言葉は一体。きっと風の力を司る魔物と風のクリスタルがあるんですね。と思ってしまうのはゲーム脳。

正しくはこちらのようです。

襟裳岬は風速10メートル以上の風の吹く日が、年間290日以上もある、日本屈指の強風地帯です。「風極」というちょっと聞きなれない言葉は、気象用語の「雨極(日本でもっとも降水量の多い土地)」にちなんで、気象博士で風の館の名誉館長の倉嶋厚さんが作った、えりものための言葉です。
襟裳岬「風の館」より引用

 

岬では雲が切れて時折晴れ間も見えましたが、やっぱりちょっと肌寒かったので、お昼は名物のえりもラーメンをいただきました。ラーメン自体は普通のみそラーメンなんですが、貝とかカニとかたくさん入ってて豪華です。なによりこんな極地で温かいラーメンがすすれるなんて幸せな話ですよね。

 

ツーリング用のホムセン箱に貼るご当地ステッカーを購入して出発。

 

襟裳岬~黄金街道~釧路

キャンプ場で有名な百人浜周辺。国道~襟裳岬までの道道は行きも帰りもいい感じです。願わくば天気に恵まれたかったけど…。

 

しかしその先の黄金街道トンネルは本当に寒かった…。キンキンに冷えたトンネル内で片側交互通行を待っている間は寒くて辛かったんだけど、やっぱ警備の人はそこそこの冬装備だったのかな…。

 

そんなこんなで襟裳岬を出発して1時間くらい走って、「そろそろ適当なところで休憩入れるか」と思ってから1時間以上街らしい街がなかった…。海沿いを離れて、帯広方面と別れてからのR336幕別周辺は湿原と川しかなかった。

 

浦幌の市街地方面に行かず、そのままR336を進めば有名な昆布仮石展望台に行けた、と知ったのはこの記事を書きながらの事だったのです…もったいない事をしたと思うけど、あの時の僕はどこかでゆっくり休憩したいという欲求に支配されていたので仕方がない。

 

「道の駅うらほろ」でソフトクリーム食べてグダグダと休憩した後、給油で入ったホクレンではコーヒーをサービスしていました。遠慮なく店舗に上がり込み、温かいコーヒーをズルズルいただく。

ホクレンと言えば、昔からツーリングライダー向けにフラッグを提供していることで有名です。要するに北海道の地域毎に違う色の旗があって、いろんなところ走ってガソリン入れて、全色コンプリートしたいね!的な記念アイテムなのです。その昔は無料でくれたらしいんですが、一時廃止になり、復活を望む声から数年前に有料で復活したのとのことです。

去年の北海道ツーリングの際はあんまり興味がなかったのですが、今年は買ってみようかなと思い、「旗売ってんすか?」って聞いたら「ウチは全種類あるよ!」との事。全種類置いたら道内まわる意味ないんじゃないのw と思いながらも、折角なので今回は行く予定のない道北カラーの青を買うことにしました。

 

釧路市阿寒町 あかんランド丹頂の里

給油したスタンドからは一時間ほど走り、本日のキャンプ場に到着。
丹頂鶴の阿寒町あかんランド丹頂の里メインページ

サイトは公園内のどこでもどうぞって感じでした。ツーリング客は僕以外に2組、他は自転車サークルの大学生らしき集団。今にも降り出しそうな重たい空の下さっさとテントを設営し、釧路の街まで旨い寿司でも食いにいくか!うひょー!!

と思ったらこれが大間違い。市街地まで片道30キロもあるじゃないですか…。それでもなんとかなるかと無理して行ってみたお目当ての店はひどい行列であっさり断念。

 

結局その場でUターンしてキャンプ場に戻り、併設のレストランでポークチャップをいただきました。豚肉焼いた上にデミグラスソース的なのがかかっているとても分かりやすい料理で、てっきり北海道名物のひとつかと思っていたのですが、どうやら別海町にあるドライブインがブームの火付け役だったようです。

余談ですが、釧路市街からキャンプ場まで戻る道にはほぼ街灯が無く、ひたすら暗いまっすぐな道にを走る続けると所々に四輪のタイヤ痕が見られました…。これはもしや動物がバンバン飛び出してくるということでは…。と、ビビって恐る恐る走りましたが、地元ナンバーの四輪は桁違いのスピードでバンバン僕を抜いて行きました…。

 

夕食を食べ終わってテントに戻ろうとしたらポツポツ降り始めました。慌ててテントに潜り込んだと同時にザーっと本降りに。テントから出るのが億劫なので風呂はまた明日でいいやと思いながら寝ようとするも、木から落ちる雨音が思いの外耳に障る…。そういえば雨の日に1人でキャンプするのは初めてだった…などと考えているうちに何時の間にか寝てしまいました。

 

この日の走行距離:476km

 

2011夏 W650北海道・東北ツーリング(1) 川崎~大洗~苫小牧

1日目 8月13日(土)

去年に引き続き、今年の夏も北海道方面に行く事にしました。本当は未踏の地である東北地方を攻めるつもりでいましたが、そんな矢先に震災が起きてしまったのです。そんな中、周りの人からボランティアに行った話を聞いているうちに「じゃあ北海道と東北両方走ってボランティアも手伝えたらいいね!」という考えに至ったのでした。

去年の北海道ツーリングの様子:
憧れの大地に立つ 北海道ツーリング 1日目~2日目 (川崎~小樽~稚内) | Scientist on the motor

 

いつもお約束の出発前の一枚。今回は出発前に一日休みを確保したおかげでゆっくり準備することができました。ゴミ捨てて、洗濯して、冷蔵庫の食材もそこそこ消費。考えてみたらこんなに準備に時間をかけられたのは初めてかもしれない…。

大洗発の深夜フェリーの乗船手続きは22時30分までに。という事だったので、19時くらいに出発すれば多分間に合うのですが、そわそわして17:30ごろ給油して出発。長靴やらのボランティア道具が嵩張って、なんだかんだ今回も荷物満載。いつになってもスマートな荷造りができないのです。

渋滞表示で真っ赤に染まる灼熱の都心環状線を避けて、湾岸線周りで向島線へ。都心を離れるにつれて風が心地よく、これからの旅路に向けて気分が盛り上がります。常磐道に入ると下り側の交通量はほとんどなく、守谷SAで休憩するもツーリングっぽいバイクはほとんどなし。あれ?みんな北海道行かないの?

日が落ちると田舎名物の虫アタックが増え始めますが、ここは旭風防の防御力の見せ所です。身体とヘルメットへのヒットはほとんど無し。もともと見た目と冬の寒さしのぎにつけたけど、真価を発揮するのは夏の虫アタック防御なのかもしれないです。頼もしすぎる。

友部SAで意外と旨い豚丼を食べて21時前には大洗港へ。

 

大洗港~さんふらわあ だいせつ

窓口が開くと同時に手続きを済ませたのは良かったのですが、乗船まで2時間待ち…しかも待合室はSoftBank(笑)の電波がクソ弱く、電波使った暇つぶしが何もできないのでひたすら地図を眺めたり、外に出てひたすらフェリーの写真を撮ったり…。

 

乗船するバイクは予想外に少なく、僕を含めて10台前後。深夜便のせいか、シーズンを外したのが良かったのか。去年の新日本海フェリーと異なり、乗船後にバイク上の荷物を降ろせということにはなりませんでした。

 

船室はカジュアル二等とかいうよくわからないクラスだったけど、電源のある半個室のベッドでした。

 

この日の走行距離:155km

 

2日目 8月14日(日)

デッキから朝日見たいななんて寝ぼけながら考えてたらいつのまにか9時過ぎまで寝てしまっていました。しょうがないので風呂でのんびりしようと入ってみたら、サウナのおっさんが水風呂バシャバシャやっててやかましいので退散しました。

やることないのでデッキで撮影会。

 

 

 

天気だけは良いけど、数枚撮って飽きる。ゲーセンにあったメタルスラッグも200円で飽きる…。腹が減ったので何か食べようと思ったら、この船には食堂がなかったのでした…。同じ三井商船フェリーでも夕方便なら値段が同じでレストランもあるし映画も見れたというのに…。

地図広げて計画を練ろうにも、北海道の天気がわからないので何とか天気予報を見たい。と思って有料のネットコーナー(200円で25分or3000パケット(笑))を利用してみるもほぼ使い物にならず。ひたすら読書をしているうちに暗雲立ちこめる北海道エリアへ。ケータイの圏内に入ってきたので早速天気チェック。

 

ようこそ 雨の北海道

なんという悪天候…。

 

しかしもう後には引けぬのだ。雨装備に切り替えて下船するのでした。

この日の宿はフェリーターミナル近くの漫喫へ。予想してたけど僕と同じようなバイクが数台。到着時はポツポツ降り始めるかどうかという空模様でしたが、そのうち本格的に降りそうな気配だったので、荷物全体にシートをかけてから入店しました。自宅同様ネットに興じているといつのまにか0時を回っていたので就寝することに。

最近の漫喫はブランケットとか貸してくれるのでエアコンが寒くても快適です。明日はどこに行こうかなんて考えていたらいつの間にか夢の中。

 

この日の走行距離:
海路:800kmくらい
陸路:4km