W650アップハンドルをコンドルタイプへ交換

DSC_0019

ブリティッシュトラディショナルなカフェレーサースタイルに憧れていたはずのW650、気がつけば旭風防、W3タンク、チャンピオンバッグ、エンジンガードと、すっかり「ジャパニーズトラディショナル」仕様になってしまいました。どうしてこうなったの?と自問自答を繰り返す日々、しかし自分の趣味趣向に従っていたらこうなってしまったので仕方ありません。

しかしまだカフェレーサーへの憧れを捨てたわけではありません。カフェレーサーといえば低く構えたクリップオンハンドルです。しかしクリップオンにするとトップブリッジの処理が悩みどころになるため、純正トップブリッジを活かす事のできるコンドルハンドルを探していました。長いことWebで探しておりましたが、ついにトマゼリ製コンドルプラスが届いたので、年明けも早々に取り付けてみる事にしました。


TOMMASELLI:トマゼリ コンドルプラスハンドル(270-284316004) | ウェビック

 

DSC_0020

まずは旭風防を外しましょう。しかし汚いですね…一度洗濯した方が良いのかもしれませんが、きっとこれがエイジングという事と信じて、無粋なことはしないことにします。

 

DSC_0023

久しぶりに見た風防無しの姿。心無しか寒そうに見えますね。

 

DSC_0024

風防が外れたら早速作業開始です。まずは左側スイッチボックスを外し…

 

DSC_0026

クラッチレバーを外します。

 

DSC_0027

マスターシリンダーは逆さにならないようにライトステーの上へ固定しました。

 

DSC_0029

ハンドルが取れるとずいぶんすっきりした印象になりますね!

 

DSC_0031

風防+アップハンのジャパニーズスタイルより、ハンドル周りはすっきりさせた方がカッコ良く見える気がしてきました。良いですね!しかし昼間とはいえ、日陰に吹く北風に身体が冷えてきてしまったので少し休憩…のはずが、暖かい部屋に戻ったら暗くなるまで昼寝してしまいました。

本当は次回のツーリングに間に合わせるつもりだったのですが、寒いし暗いし先に進めなくなってしまったので、渋々元の状態に戻して作業終了としました。こんな時屋内ガレージがあれば作業し放題なのですが、そんな贅沢言っても始まりません。皆様もお外でのバイクいじりは計画的に…。

 

作業再開

DSC_0814

前回中断してしまった反省を活かし、この日は朝から作業開始しました。ただでさえ技術が無いんだから、時間には最大限の余裕を持たせないといけないのです。まずは風防を外して…あれ、このステーってこんな取りづらかったかな…。

カツッ

DSC_0816

ぎゃあああああああああああああああタンク傷つけたあああああああああ

もともと自家塗装の中古品だし、そんな綺麗な塗りじゃなかったけどさすがにこれは痛いです。タッチペンとかそういう作業はさらに苦手だし…絆創膏貼ってかわいいアピールしてみましょうか。

 

DSC_0820

DSC_0822

悲しんでいても無情に時間は過ぎて行く上、この先どんな想定外事項が待っているのか分からないので、泣きたいのをガマンしながら先に進むことにします。ハンドル周りのパーツを外すのは前回やったのでスムーズです。

 

DSC_0823

ハンドル交換後、辻褄が合わなくなるであろうケーブル類の取り回しを調整するために、ヘッドライトも外しておきました。

 

分解完了

DSC_0825

前回中断地点のハンドル周り分解まで辿り着きました。こうして見ると結構メーターが立って見えますね。

 

組み立て開始

DSC_0827

まずはハンドルをのせてみました。できるだけクリップオンハンドルに近いポジションで、コンパクトなシルエットにしたかったのでこんな感じになりました。コンドルハンドルってこういう使い方していいのかな…。

トップブリッジのクランプ部にはインチバーからミリバーへ変更の為のスペーサーを噛ませることになります。しかし専用品を謳ったわりにはクランプ内にきれいに収まらず、安っぽくはみ出してしまう残念な造りでした。もしかしたらホームセンターで代替品を探すことができるかもしれません。

 

DSC_0828

スロットル側のグリップを抜くため、隙間から556を噴射しました。

 

DSC_0829

W650のスロットルホルダーは先端部分が閉じており、そのままではコンドルハンドルのバーエンドが貫通できないため、ハンディソーでエンド部分をザクザク切断しました。

 

DSC_0830

意外に簡単に切断できました。

 

DSC_0831

ハンドル周りパーツを一通り乗せてみました。結構スッキリまとまっているようにも見えますが、実は突貫工事の粗が至る所に隠れております。

 

DSC_0834

横から見た様子です。予想通りワイヤー類が滅茶苦茶なことになってしまいました。本当は全部買い替えないといけないんですが、このハンドルで長く乗るかどうかもまだ分からないので、とりあえずはすぐアップに戻せるようにしておきたかったのです。確認したところ操作上は問題なさそうですが、あまり推奨できる状態ではありませんね。

 

DSC_0838

風防で全部隠しちゃうんですけどね!

 

DSC_0842

クリップオンにせずコンドルを選択した理由は風防を着け続けたかったからなのです。クリップオンにしてノーマルトップブリッジにステンレス棒かませて、というのも考えましたが、それなら高さやタレ角を微調整できるコンドルの方が良いんじゃないかという考えに至りました。

 

DSC_0837

しかしその風防の角度がなかなか決まりません。イメージではもっと倒して水平に近い感じにしたかったのですが、そうするとスクリーンがマスターシリンダーに干渉したり、ステーがタンクに干渉したり、布タレが上がりすぎてヘッドライトの上に隙間が空いちゃったりと、帯に短したすきに長し状態。

 

DSC_0840

改めて見るとなんだかとっても不格好です。再調整の必要有りですね。

 

DSC_0839

見た目は置いておいて、実際にハンドルを握ってみると想像以上の前傾姿勢です。これ以上スクリーンを倒すとスクリーンの中に伏せられなくなりそうだし、角度としてはこんなもんで良いのかもしれません。

 

Before

DSC_0813

After

DSC_0837

早速近所を1周してきましたが、見た目以上に操作性が変わってビックリしました。もはや全然別のバイクみたいな感覚です。ハンドルが全然切れないから車庫出しに苦労し、交差点曲がれなそうになって慌て、早速腕と肩に痛みを覚え。しかし前傾姿勢になった為か、アップハンの時に比べて格段に「走ってる感」みたいなものを感じるようになりました。操縦する楽しさは格段に上がったと思います。

あとは無理矢理まとめたケーブル類、ブレーキライン、スイッチボックス、風防の微調整…。

そのうちやりましょう。そのうちね。

 

W650で行く通安全祈願&寒中走り初めツーリング

DSC_0081

先週末、mixiの「関東 W650・W400・W800」コミュニティで企画された寒中ツーリングに参加してきました。イベントの正式名称は「W厄除け祈願ツーリング&カフェミーティング」ということで、川崎大師での交通安全祈祷後、三浦半島をぐるっと回って、西東京のライダースカフェ「Bunny Beach」へコーヒー飲みに行きましょうというルートです。

 

交通安全のご祈祷は川崎大師自動車交通安全祈祷殿へ

DSC_0041

というわけで朝からやってきた川崎大師(正確には交通安全祈祷殿)。自宅から徒歩圏内なのに一度も足を踏み入れた事の無いという、正に近くて遠い場所です。正月ムードが去ったなんて誰が言った?と言わんばかりの参拝者が敷地内に溢れておりました。さらに観光バス専用駐車場には数十台のツアーバスが並ぶ繁盛ぶりです。

祈祷を受ける場合は受付の後、祭殿前にバイクを移動させてから祭殿内へ入ります。内部は仏壇(?)に向かって立派なイスが並んでおり、そこに座ってお坊さんのありがたい話→お坊さんのお祈り→賽銭投げてお祈り→今度は祭殿の外に出て自分のバイクの前整列→お坊さんのお祈り→終了、という流れでした(20-25分くらい)。交通安全ステッカー、身代守、護摩札、お守り、ありがたい言葉の書いてあるメモ帳が貰えてお値段は5,000円!

やはり少し割高に感じる人が多かったらしく、今回のツーリングに参加した10数人のうち、祈祷してもらったのは私を含めて4人だけでした…。こういう機会ならやってもらってもいいかな、と思いますが自分ひとりじゃ絶対申し込まないだろうな。

あとお坊さんが良い声してました。

 

湾岸線~横横道路~横須賀PA

DSC_0049

見慣れたW650もさすがにこれだけの台数が集まると迫力ありますね!

 

DSC_0065

冬にツーリングすると毎回不思議に思う事なんですが、走ってるときはあんまり寒くない。さて停まって休憩しようなんて思うと急に寒くなってくる。だからこそ休憩の暖かい飲み物がおいしいんですけど、飲み過ぎてトイレ行きたくなる→暖かいコーヒーおいしいです→トイレに行きたくなる→の無限ループは冬バイクのお約束でしょうか。

 

鴨居港・八幡神社

DSC_0071

三浦半島は浦賀の東にある鴨居という漁港にやってきました。お正月の明けた砂浜にはどんど焼きの準備があって風情のある眺めです。

 

DSC_0073

お昼を頂いたのは「鴨鶴」という海鮮料理のお店。おすすめの品を素通りして欲望の赴くまま海鮮丼を食べてしまいましたが、つまみ食いさせてもらった釜飯はさすがお店の看板料理とあって贅沢な美味しさでした。三崎港まで行くより比較的リーズナブルな値段で食べられるのも魅力です。

ヨコスカイチバン|鴨鶴(浦賀駅)天ぷら・とんかつ.よこすか地産地消ショップ

 

DSC_0082

お店の駐車場にバイクが停めきれないので、許可を頂いてお隣の神社に停めさせてもらいました。神社とバイクってのもなかなかありませんが、こうして見ると風情ある組み合わせです。

お腹が満たされた後は三崎口をかすめて葉山方面へ抜け、東京方面へ戻る予定でした。しかし思わぬ混雑のため三浦縦貫道→横横道路→横浜新道→第三京浜という有料道路コンボによってワープしました。玉川ICからは大人しく環八の渋滞を楽しみました。

 

ライダースカフェ Bunny Beach

DSC_0086

西東京にあるの人気ライダースカフェです。以前より何度も名前を聞いていましたが、初めてきたこの日、残念ながら1/15にて閉店してしまうことを知りました。ハンバーガーを食べてみたかったですが、叶わぬ願いとなってしまいました。

 

DSC_0090

閉店前ということもあり後から後から常連さんらしき人がやってきて、店の周りはバイクだらけに。ツーリングメンバーみんなでコーヒー飲んで、この日はのんびり解散になりました。

 

少し前までは「mixiコミュニティのツーリング」なんて聞くだけで尻込みしてしまいましたが、何の事はない、ただ同じようなバイク好きの集まりです。何より性別年齢問わず純粋に趣味だけで繋がれる人がこんなにたくさん集まれるのは素晴らしい事だと思います。

今年、この関東W650/W400/W800コミュニティでは月一回のペースでツーリングイベントを企画してもらえるとの事なので、これからもどんどん仲間が増えていきそうです。気心知れたいつもの仲間とのツーリングももちろん楽しいですが、初対面の人だらけの団体に飛び込むのも新しい発見がたくさんあってとても新鮮です。

 

おまけ

DSC_0096

川崎大師での修行受付時にもらえるお守りセット。このステッカー(右下)どこに貼ろうか・・・。

 

W650大型エンジンガード取り付け

DSC_0672

2011年年末も25日、クリスマスで慌ただしい世間様とは隔離されたかのような集合住宅のバイク置き場にて、Kawasaki純正の大型エンジンガードの取り付けを行いました。

11月に行われたカスタムWの集いでは、様々なカスタムを施されたW650を見ることができまして、予想通り新しいパーツがいくつか欲しくなってしまったわけです。その中で最初に入手できたのがこの大型エンジンガードでした。新品はちょっと高くて踏み切れなかったので、中古で探したところお値段4000円とリーズナブルに入手できました。

 

さっそく取り付けましょう

DSC_0676

取り付け方法は至ってシンプル。オイルフィルター上にあるエンジンマウントを固定するボルトを使います。説明書的には、万が一エンジンが脱落する可能性を考えてジャッキで支える事を推奨していますが、私はジャッキを持っていなかったのでそのまま作業しました(真似しないほうが良いと思います)。

 

DSC_0677

こんな感じで、下のボルトをエンジンガードのボルトに差し替えるだけです。私でも簡単にできました!

 

DSC_0678

しかし流石に下部のボルト2本で固定はできないので、上部でも固定します。2本のフレームにぶら下がるようにU字の金具をくぐらせて、ナットで固定します。

 

DSC_0680

横から見るとこんな感じです。不必要に被写界深度が浅くて分かり辛いですが、単焦点レンズを買ったばかりなので勘弁してください。

 

完成しました

DSC_0685

おお!分かりきっていたこととはいえ、風防にエンジンガードって似合いますね!

 

DSC_0681

この角度から見るとかなり存在感あります。

 

DSC_0686

とは言っても、その横幅は純正ハンドルに比べればかわいいものです。後ろにはチャンピオンバッグがありますし、万が一転倒しても車体に足が挟まれる事はなさそうですね。

転倒時の車体ダメージを軽減するという本来の効能も十分魅力的ですが、個人的には無骨な金属パーツが増えた事にかなり満足しております。これで本来目指すはずのカッコイイカフェレーサーからまた一歩遠のきました…。