2017年 第33回 パイオニアランジャパン

去る5月の下旬、去年も参加したパイオニアランに参加してきました。会場である栃木県宇都宮市の道の駅ろまんちっく村に戦前戦後の名車だけでなく、発動機が集う旧式愛好家垂涎のイベントです。

去年の引き続き、今年もバイク仲間のMinoru氏が若手メンバーとして精力的に運営に携わっており、ファンの高齢化に伴い存続が危ぶまれる旧車イベントが多い中、とても勢いのあるイベントだと思います。

パイオニアランジャパン – PIONEER RUN JAPAN Official WebSite

Minoru氏のBlog:
Z400LTD.net -カワサキ旧車をハブにして、無限に広がるバイクライフを記すBlog. – Z400LTD.net

朝は6時頃に外環道から東北道へ、7時くらいに羽生PAにてこの日同行するメンバーと合流しました。うっかり皆さんの写真を撮り忘れましたが、BMW R100RS、R90/6、それに僕のR100RSというBMWツーリングとなりました。やはり高速道路での安定性は快適そのもの。先日のツーリング時に感じた前輪の違和感は何故かほとんど発生していないように感じました。やはり一度きちんと確認しないといけないですね。

道の駅うつのみや ろまんちっく村

写真 2017-05-28 9 14 10

パイオニアラン会場にはパレードランの出走が始まる頃に到着しました。パレードランにエントリーすると、レッドカーペット上で一台ずつ主催者さんからの紹介を受けて走り出します。このイベントのメインですね。エントリーしている車両は実に多種多様で、古いものではYAMAHA YA-1や陸王、Velocetteの2ストロークモデルから、旧車イベントの定番どころではCB750、ラビットS301、メグロZ7、比較的新しい車両ではMV AGUSTA F4の参加もありました。

会場に着いてまず思ったのが、去年と比較して明らかにエントリー台数と来場者が増えていることでした。旧車イベント好きなマニアックな層(失礼)だけでなく、小さい子供を連れた若いファミリーや、ペットを連れた年輩の夫婦など、客層が幅広いのも印象的でした。

写真 2017-05-28 10 54 17

規定のコースを走るパレードランから帰着バイクから会場に並べられていきます。やはり栃木は烏山(現那須烏山市)に工場があったためか、メグロの参加が多いです。

写真 2017-05-28 10 56 31

こちらはラビットS48でしょうか?S301などはタマ数多いのでよくお目にかかりますが、数字の小さいラビットを見られるのはこういうイベントならではです。

写真 2017-05-28 12 06 16

そしてこちらは主催者さんの古いMoto Guzzi。雑木林の中に放置されていたものを再生したそうです。フライホイールむき出し、スロットルはグリップを捻る機構が生まれる前なのでレバー式です…。

もちろん発動機もあります

写真 2017-05-28 10 38 10

このイベントのもう一つの大きな目玉がこの発動機運動会です。大小様々な発動機が小気味よい作動音を立てて運動する様子を、腕を組んでじっと見つめる、内燃機関好きが最後にたどり着くと言われている侘び寂びの世界です。ポンポン回ってるの見てるだけで何が面白いの?と思った貴方、一度会場に足を運べばその魅力に気付けるはずです。

駐車場の部

写真 2017-05-28 9 13 08

もちろんこのイベントに来場する見学者はその分野の好き者(また失礼)ばかりなわけですから、駐車場・駐輪場は第二会場さながらの見応えになります。写真には収めませんでしたが、国産ならZ1、W3にザッパー、CBはKから仏閣系、BMWはミュンヘナーやR75/5、英車はTriumph、Nortonとメインディッシュ後のデザートにしてはボリュームのある内容でした。

各所の旧車イベントを見学するようになって数年経ちますが、冒頭にも書いたようになかなか参加者が集まらずに今後の運営が危ぶまれるようなイベントも散見されます。そんな中で身内の贔屓目を差し引いても、活気を保ち続けている勢いあるイベントの一つだと思います。

首都圏からも往復200km強のちょうどいいツーリングになりますし、帰りに宇都宮餃子なんてのもおすすめです。参加されたことのない方はまた来年を楽しみに待ちましょう!

2017@Good Oldays/ツインリンクもてぎ

毎年5月の連休といえば長距離ツーリングや旅行に出かけることが多く、これまで連休中に行われるイベントにはほとんど参加した事がありませんでした。あちこちから評判を聞くこのGood Oldaysもそのひとつで、機会があれば参加したいイベントだったのです。

ツインリンクもてぎ | 2017@Good Oldays| トップページ

 

そんな今年の連休は、嫁氏が2ヶ月になった息子を連れて実家から帰って来たばかりなので例年のようにあちこち遠出というわけにはいきません。でも1日くらいどこか出かけてきたら?とのありがたい言葉に甘えて何か良いイベントないかなーと考えていたところでこのGood Oldaysはピッタリのイベントでした。

 

写真 2017-05-04 4 41 36

ゴールデンウィークの鬼渋滞を恐れて5:00に練馬/大泉IC付近のコンビニに集合して出発です。途中、東北道羽生PAで同行メンバーと合流し、ツインリンクもてぎ最寄りの北関東道真岡ICまで高速ワープ。気温も丁度良く、気持ちよく走れました。地元栃木にいた頃にツインリンクもてぎに行く時はいつも下道でしたので、高速道路を使って向かうのはちょっとした新鮮味がありました。

 

写真 2017-05-04 9 52 41

道中ZのODOメーターが40000kmに達したので記念撮影。購入した時が28000km弱でしたので、2013年8月に乗り始めてから12000kmくらい走ったことになります。年間3000kmくらいの計算ということになります。こんなに少ないの?とも思いましたが、ヨメ車含めて乗り物5台に分散していると考えると、こんなもんなのかもしれないですね。オイル交換ペースを考えると少し勿体無いので、もうちょっと走れるといいですね。

 

写真 2017-05-04 10 55 55

のんびり一般道を走ってツインリンクもてぎに到着。パドックには所狭しと往年のホンダレーサーが…、と思ったら他の旧車レースで見たことのある方々の車両もたくさんありました。Good Oldaysというとホンダコレクションホールの動態保存の為の試運転イベントと、それに伴うホンダ系レーサーの走行イベントというイメージでしたが、メインは国産外国車問わず幅広い旧車のサーキット走行イベントのようです。

 

写真 2017-05-04 11 44 12

例年参加している方々の話によると、動態保存の車両公開やエンジン始動は年々減っているらしく、今年のイベントはこのCR110 vs ドリーム50レーサーのみだそうです。なんだか寂しい話を聞いてしまったような気がしますが、今後イベントがどうなるかはホンダの考え方次第でしょうか。

 

写真 2017-05-04 11 43 22

パドックにはRC仕様のドリーム50が展示されておりました。レーサーにはあまり明るくない僕でも見惚れてしまう戦闘的且つ、ある種のアイコンともいえる造形美。ドリーム50なら増車しても維持費はそれほどでもないし、RC仕様にして盆栽するのもアリかもしれない…などと危険なことを考えてしまいますね。

メインのサーキットではレーサー仕様のCB500や、RSC CBX、CBRなどが楽器のような官能的なホンダサウンドを響かせておりました。こんなバイクがたくさん走るところを見られるとしたらとても価値のあるイベントだと思いますし、盛り上がりを期待するファンは多いのではないでしょうか。ホンダさんにはなんとか盛り返して欲しいところではあります。

 

写真 2017-05-04 16 27 27

ひと通りサーキット走行風景を楽しんだ後は、自然とコレクションホール参拝へ吸い込まれておりました。2、3年ぶりにやってきましたが、相変わらず時間を忘れてしまう空間です。今回はホンダ旧車に詳しい仲間と訪れたので、自分の知識不足を補ってもらえてより楽しめました。それにしてもこのRCシリーズの並びはいつ見ても壮観ですね。帰ってから見返すと、毎回訪れる度に同じ写真を撮っているようですw

 

写真 2017-05-04 15 54 51

連休中だからなのか?コレクションホール外のスペースでは車両の走行展示イベントがありました。二輪漬けの本日の流れだとNSRに目が行くところですが、僕は子供の頃から憧れのインテグラタイプR、バラードCR-Xに釘付けでした。

さて楽しく遊んだ後は連休のお約束、大渋滞です。東北道、常磐道とも目を覆いたくなるほどの立派な渋滞っぷりでしたので、延々と下道(国道294号)を進みました。ゴールデンウィークには茂木のお隣の益子町で陶器市が開催されているので、早め早めの撤収が肝心でしたがコレクションホールに夢中になっている間にすっかりタイミングを逃しておりました。

Good Oldaysのイベント自体はそれほどのボリュームがなくて少し残念でしたが、5月の心地よい陽気の中、丸一日ホンダカルチャーに浸るのは有意義でした。僕は二輪も四輪も車歴はホンダから始まっていまして、今でこそ一台も所有していませんが、腹の中では未だにファンなんだなと再確認したような充実感でした。

2017年 北関東旧車連合会チャリティー部品交換会

年に一度のお楽しみ、今年も北関東部品交換会の季節がやって参りました。今年の開催場所は宇都宮市の鬼怒川河川敷ということで、ヨメ氏の出産に伴う里帰り訪問の合間に遊びに行ってまいりました。

 

写真 2017-04-23 4 25 12

2年前に宇都宮で行われた部品交換会では東京を4時台に出発して6時台には到着したものの、もう既に目ぼしいものは売れてしまっていました。明るくなる前から懐中電灯で物色するようなタイミングで人が集まっていたらしく、完全に出遅れてしまっていた記憶があります。

特に何か目当ての物がある訳ではないのですが、ヨメ実家が宇都宮という地の利を生かして日の出とともに出発です。スマホホルダーからのタイマー撮影のブレ具合が先を急ぐ僕の気持ちをよく表しています。

 

写真 2017-04-23 4 48 32

が、会場入り口は出店者と客?の行列で大渋滞でした。イベントを知らない人からしたら朝早くからこんなに人が集まって何事かと思うでしょうね。

 

写真 2017-04-23 5 13 41

まだ陽も登りきっていないというのにこの車の数…。初めて来たのが四年前(2013年)、その次の2年前(2015年)に来た時は出店者も来場者もかなり増えたなという印象でしたが、それに輪をかけて増えてますね。会場は広大ですので、掘り出し物が掃けてしまう前に見て回りましょう。

 

写真 2017-04-23 5 22 18

最近の部品交換会なんかだと小綺麗に商品並べて、値段もヤフオク相場通りというお店が多いイメージですが、この部品交換会は比較的そういうお店が少ない気がします。良い意味で雑然としていて、納屋のガラクタ(失礼)をそのままビニールシートの上に並べたようなお店が何軒もあるのが楽しくて仕方ありません。

 

写真 2017-04-23 5 15 39

最近人気のOHVカブもありましたがレストアベース。あまり詳しくありませんが、聞くところによると人気と共に相場がどんどん上がってるみたいです。

 

写真 2017-04-23 5 24 37

真ん中のW1SAは28万円だけど書類無しって書いてありますね。僕みたいな素人がその場の勢いで買ってしまっても何とかなるような車体はだんだん少なくなってるのかもしれません。

 

写真 2017-04-23 6 36 46

気がつくと何故か車体の写真ばかり撮っていましたが、1962年式のラビットS301Aは15万円。ラビットも人気なのでしっかりネット相場通りの値段になってますね。僕が買った四年前の部品交換会では約半額でしたので、ここ数年の値段の上がり方が良くわかります。あの時買って良かった…。

 

写真 2017-04-23 8 21 12

そろそろ一周まわったかな?と思うと、空きスペースにさらに出店が増えてて、見てるうちにまた増えて…を繰り返して、帰る頃にはすごい来場者数になっていました。

 

写真 2017-04-23 8 23 18

この日の戦利品はビートルのスペアタイヤ用ホイールキャップとVW雑誌。合計700円くらい?結構歩き回って物色しましたが、ヨメ実家に大量のガラクタを持ち帰るわけにもいかないのでブレーキがかかりました。人として成長したんだなと思います。

 

写真 2017-04-23 9 26 44

毎年旧車趣味のベストシーズンに開催されて気候も良いですし、出店してる地元のオヤジさんと立ち話しながら面白いものを物色できる個人的に大好きなイベントです。首都圏からのアクセスも悪くないので年々参加者は増えていますが、毎年賑やかですから早起きツーリングのついででも一見の価値ありかと思います。