ZとW 平成の終わりを走る昭和のKAWASAKI

20180330-1

W1SAが我が家にやってきて毎日がW尽くしになってしまった頃に、Zのフィーリングが恋しくなってきました。最後に乗ったのがいつか思い出せないくらいにも関わらず、問題なく始動してくれました。他のバイクに熱を上げると今までのバイクがヘソを曲げるという経験は私だけでは無いと思いますが、我が家の乗り物達はもう諦めてるのかもしれません。
“ZとW 平成の終わりを走る昭和のKAWASAKI” の続きを読む

週末のT.R.CompanyとSR400の試乗

IMG_7371

W1SAの興奮冷めやらぬままT.R.Companyの駐車場へ出ると、この冬には珍しい陽気に誘われてか、次々とお客さんが愛車で乗り付けておりました。「ええ~あのW1もう売れちゃったの~!」なんて会話に恐縮しきりです。

さてそろそろ帰って嫁さんにまたお礼を言わないと…と思っていると、突然Tさんから「俺のSR乗ってみてよ。ノーマルに戻したから乗りやすいよ」と声をかけられ、急遽試乗会の運びになりました。確かにSRといえば昔に友人のカスタムにカスタムを重ねた車体に少しだけ乗らせてもらっただけだったので、ノーマルのSRは未体験でした。

ノーマルって言ってますけどめちゃくちゃセパハンじゃないですか。久しぶりすぎてポジションキツいですよ。「いや大丈夫だから、これデコンプね」キック一発で始動したエンジンはシングルらしいはっきりとした鼓動感を発しながらも、右手の動きにダイレクトに反応する軽い吹け上がりです。メガホンマフラーのエキゾーストノートもレーシーで気持ちいいいですね。そうか、マフラーもノーマルじゃないですね。

 

IMG_7369

セパハンでも車体が軽いので取り回しに困ることもなく、クラッチを繋ぐとするりと走り出しました。初め跨ったときにはこんなに柔らかいんですか?と感じた足回りはしなやかにストロークし、路面のバンプをスムースにいなしつつ、適切な情報を伝達してくれているのを感じます。

それにしても目を見張ったのはそのパワーの出かたです。使い古された言い回しですが、どの回転域からでもトルクを取り出すことができ、右手を捻るだけタコメーターの針が跳ね上がります。普段散々重いバイクに乗っている私にとって車体の軽さがショッキングであることは予想通りでしたが、足のしなやかさ、400cc単気筒というイメージをかき消すような力強さが衝撃的でした。

いつもの試乗ルートを一周する間、本当に楽しくて、さっきまで散々熱を上げていたW1SAのことを少し忘れそうになりました。このバイクで峠を走ったらすごい楽しいんだろうなあ…。

帰ってきて再度車体を見てようやく気づきました。キャブレターがCRじゃないですか!ぜんぜんノーマルじゃないじゃないですか!「昔の仕様からしたらほとんどノーマルだよー」との事でしたが、CRキャブのSRってこんな乗り物になるんですね。ウチのZもCRにしたらどうなるのかな…

以前友人に少し運転させてもらった時は乗り慣れないサイズ感と緊張でほとんど距離を走ることができなかったためはっきり分かりませんでしたが、軽量コンパクトな車体、しなやかな乗り心地、地面を蹴るような鼓動感…SR400が長い間名車として人気を博している理由がようやくわかった気がします。

 

IMG_7376

TさんとSRについてあれこれ話しつつ、隣にインジェクションSRが停まっていることに気付くと某S誌のSさんでした。ちょうどこの日は撮影日だったようで、お言葉に甘えて私もZと一緒に撮っていただきました。次の号に載せてもらえるでしょうか?

バイクを買いにきただけなのに、気がつけばすっかり長居してしまいました。このお店のお客さんはみんな目に毒な車両ばかりな上、話し始めると時間を忘れさせる方ばかりですので早めの撤収が肝要です。そんな居心地のいいお店に後ろ髪を引かれながらも、混雑の始まった五日市街道を帰路につくのでした。

 

会社サボって奥多摩ツーリング

写真 2017-09-14 16 00 23

とある平日、急に身体が出社を拒否したのでお休みをいただき、午後からゆっくり奥多摩パトロールしてきました。

 

写真 2017-09-14 14 49 20

本当は秩父から雁坂通って奥多摩に戻るか、奥多摩から柳沢峠まで抜けてフルーツライン走るか…と思ったのですが、出発の時間が遅かったので叶わず。中途半端に名栗湖まで来てしまったのでしばらく湖面を眺めてぼーっとしておりました。平日のこの時間でもバイクで来る人がたくさんいるんですね。

 

写真 2017-09-14 15 18 29

昔、友人に教えてもらったのにいつも営業時間に合わない名栗湖手前のカフェ。今日ならゆっくりお茶をすすれるはず、と思ったら翌日まで夏休み中でした。何も考えないで写真撮るとバイクの角度が全部一緒になりますね…。

喫茶 gachirin -月輪- | 名栗の山間にある小さな田舎の喫茶店

秩父に抜けるには時間がなかったので、いつものルートを逆戻りして奥多摩湖畔から奥多摩周遊道路へ。当たり前ですが、いつものルートも逆に走れば峠道の上りが下りになって下りが上りになります。走り慣れたつもりの道ですが、逆になるだけで知らない道を走る気分になれました。相変わらず安上がりな男です。

 

写真 2017-09-19 17 34 11

こんな平日の午後にはイリーガルな方々もいらっしゃらないので、ひとつひとつのコーナーを確認するようにゆっくり奥多摩周遊道路を走ってきました。

やっぱりフロント19インチでリアタイヤに乗るようなバイクのコーナリングは気を遣わなくて楽に感じます。一方でR100RSに対して育ちつつあるリアタイアで乗れない苦手意識…。足回りのセッティングを見直した上で色々考えたいですが、もうこれは好みの問題なのかも、とも思いました。

ステムベアリングを替えたお陰か、いつもよりヒラヒラとスムースなコーナリングを楽しめた気がしました(個人の感想です)。こんな穏やかな平日の午後、また仕事をサボってのんびり走りに来たいと思います。