W650-仕様変更と車検

すっかり記事中に登場しなくなってしまったW650、実は車検を切らしてしまい、ガレージで冬眠しておりました。肝心の車検を受けようにもこの2年間で余計な物をたくさんつけてしまったので、この機会にさっぱり純正仕様に戻す事にしました。 このスタイルも見慣れすぎて、これが当たり前のような気がしてきます。 

まずはこのスタイルのアイデンティティであるチャンピオンバッグを外して…。

これも長いことお世話になった旭風防も取り外し。このジャパニーズカフェレーサー的なスタイルも良いなと思っているのですが、なかなか実運用の段に恵まれません。

トマゼリコンドルハンドルからノーマルのアップハンドルへ。セパハンポジションもカッコいいけど、やっぱりWはアップハンドルが似合うなと感じさせますね。

最後にミラーをZ2タイプからW650純正に戻して終了です。寂しくなった気もしますが、これはこれでスッキリしてて良いですね。

車検切れで公道走行ができないので、仮ナンバーを借りてきました。普段見ているナンバープレートより大きく見えるのは四輪と共通だからでしょうか? 

実際に取り付けてみると、やはりとんでもなく大きかったです。二輪専用の仮ナンバープレートを作って欲しいとまでは言いませんが、取り付けにくく、かっこ悪いですね。こんな事にならないよう、車検は切らないようにしましょうというお役所からのメッセージなのかもしれません? 

ともあれ、お店のお世話になって無事に車検を取得することができました。また元の姿に戻すのも良いのですが、せっかくだから久し振りにノーマルルックを楽しんでみようと思います。 

なお、W650より外した旭風防はZに移植しました。やっぱり似合うな〜と感じる一方で、取り付け角度がダサい事に気づいたので、後日微調整したいと思います。