2017年 第44回 東京モーターサイクルショー

写真 2017-03-25 11 56 48

すっかり春めいた陽気の3月の終わり、W君と東京モーターサイクルショーに行って参りました。日頃バイクといえば旧車ばかり視界に入るような趣向で楽しんでおりますが、新しいバイクに興味がないわけではございません。

お台場は国際展示場駅で電車を降りるとものすごい若者の数!とうとう若者層にバイクブームがやってきた!と言いたいところですがそんなことはなく、今年もビッグサイト東ホールではアニメのイベントが同日開催されていたようです。東ホール>西ホールの面積差がそのまま業界規模を表しているようで、いちモーターサイクルファンとしては毎年残念に思うところであります。

 

写真 2017-03-25 10 09 39

それでも会場の西ホール内は結構な人の入りでした。ハーレーブースで気になったのは新モデルのStreet Rod。どっしりとしたアメリカンスタイルではない軽快なVツインモデルは興味のあるジャンルの一つです。カスタムベースとしても活躍しそうです。

 

写真 2017-03-25 10 50 56

BMWブース正面にはミュンヘナー風のコンセプトモデルが展示されていました。

 

写真 2017-03-25 10 51 10

これ何かのエンジンの流用なのかな?と思いましたが、この車体のために作られたスーパーチャージャー付きエンジンらしいです。こういうクラシックなスタイルに最新技術載せるようなコンセプトモデルが見られるのがモーターサイクルショーの良いところですね。

 

写真 2017-03-25 10 52 27

個人的に今回の本命な「R nine T Racer」は期待通りのカッコよさでした。雑誌ではキツそうに見えたライディングポジションも、実際に跨ってみるとウチのR100RSとそんなに変わらない気がします。そして何より車体がコンパクトで軽そうなのが良いですね。どこか試乗できるお店ないですかね?(買いません)

 

写真 2017-03-25 10 49 01

同じく「R nine T」シリーズで気になっていた「Urban G/S」は実物のが全然かっこいいですね。四輪車で流行った丘SUVのバイク版?と言うと聞こえが悪いかもしれませんが、うまいモデル作ったなという印象です。

 

写真 2017-03-25 10 20 37

続いてホンダブース。同行したW君のお目当てはこのCBR250RRだったみたいです。このCBRは今回の目玉らしく、車両周辺は満員電車状態でほとんど身動きが取れないほど…。確かに250ccクラスには見えない造り込みと存在感があります。内容もABSは勿論、最新技術盛りだくさんのようで、このクラスにかけるホンダの意気込みを感じます。

 

写真 2017-03-25 10 36 32

ここまで話題の現行車両を見てきましたが、やっぱり気になるのが旧車系の展示。ドレミコレクションには現行のCB1100をCB1100Rにできる外装キットが展示されておりました。本物じゃないと嫌だ!という方もいらっしゃるでしょうけど、これはこれでカッコよくて良い物ですね。

 

写真 2017-03-25 10 37 10

そしてこちらはZRX1200DAEGをKR外装にしたコンプリートモデルです。CB1100RもこのKRも、過去の名車のデザインをうまいこと現行車に載せててほとんど違和感がありませんでした。

 

写真 2017-03-25 11 54 06

名車のデザインを、という意味では上手く現行車に落とし込んでいたのがYAMAHAのXSR900。記事冒頭の写真のカラーリングといい、YAMAHAは毎年こういう手法でファンを惹き付けるのが上手だなと思いました。

 

写真 2017-03-25 11 02 21

一方で若いお姉さんの周りには身動きが取れないほどの人集り。こういうショーには付き物ですが、皆さんホント熱心です。

 

写真 2017-03-25 10 45 25

憧れのこんな車両も展示されてましたが、アパレルメーカーでした。やはりなんだかんだ言って惹かれてしまうのは旧車や旧車デザインなんですよね。もちろん最新モデルに興味はあるし、機会があれば試乗とかしてみたいんですが、私の旧車偏重はまだしばらく続きそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です