とある週末のW1SAと第三京浜

IMG_6841

今週も待ちに待った週末の夜。日中は予定があってバイクに乗る時間が作れそうもないので、今週も夜間の活動になりました。

 

IMG_6840

週の半ばに春の雨を降らせた雨雲は週末を前に関東地方を抜けて、晴れずとも曇り空の予報でしたが、バイクを自宅から出すと同時に小粒の雨が降り始めました。しかしレーダーを見ると小さい雨雲が点在するだけだったので、これなら大して降られることはないだろうと出発しました。

しかし甲州街道から環八、環七を走って給油する頃には完全に雨天となってしまいました。再度レーダーを確認すると都内は全域で雨模様…。街乗りだからと久しぶりに被ったジェットヘルメットを雨粒混じりの冷たい空気が叩き、扱い慣れないツーリーディングドラムでは緊張するほど路面が濡れてしまいました。

 

IMG_6843

それでも馴染みのお店に納車自慢を兼ねて顔を出し、温かい飲み物を飲みながらあれこれ夢中で話し込んで、また雨の降る中バイクに跨って走る。これだけでなんて楽しい事でしょうか。イニシャルコストに目を瞑ればお財布に優しい安上がりな男です。

今週も第三京浜

IMG_6848

翌日も子供の寝顔を見ながらジャケットに袖を通し、昼のうちにSNSに呼びかけた第三京浜へと軽快に転がるバーチカルツインを走らせました。昼間は春を思わせる日差しもありましたが、夜はいい感じの寒さです。

 

IMG_6847

到着すると既にZ1が!今回もWさんに来て頂いてしまいました!いつもお忙しいところこのノリに付き合って頂きありがとうございます。

 

IMG_6849

既に前の写真で写ってしまっていましたが、なんと群馬からはR100RSを駆るM君が来てくれました!実は毎回密かに北関東勢の登場を期待しているのですが、こうして本当に来てくれると嬉しさもひとしおです。

 

IMG_6845

WさんとM君は初対面だったと思うのですが、そんな事は関係ないように話がスムースに進んでいくのが一緒に話していて心地よかったです。オートバイが好きという共通語は素晴らしいですね。

それにしてもWさんから聞かせていただいた90年台のオートバイシーンの話は大変刺激的でした。私達の年代がまだ鼻垂れてスーパーファミコンで遊んでる頃、この第三京浜にはリアルでHorizontal Graysの世界があったんですね。本や噂で聞いたことはあれど、実体験した方からのお話は感じる熱量が別物でした。

 

IMG_6846

伝聞でその時代に憧れはしても「実際その時代に生まれてそんな凄い人達の中でバイクを趣味に選ぶかって言ったら自信ないよね」とも思うところです。人口が減少し、憧れの車種が高騰する不遇の時代とも言えますが、肩肘張らずに自分たちのペースで乗り物趣味を楽しめる良い時代なのかもしれませんね。

話は弾んでも長居せずにさっと切り上げるのが夜走りの大切なところです。しかし四本出しマフラーの重厚な排気音を見送った後、悪い虫が鳴いた私は深夜営業するいつものラーメン屋に向かってしまうのでした…

昼間はジャケットを投げ捨てたくなるほどの陽気が続き、次第にツーリングシーズンとなれば、この寒い第三京浜の夜ともお別れです。また木枯らしの吹き始める頃、夜の保土ヶ谷PAで誰かのエキゾーストをお待ちしております。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください