冬の日はバイク弄り(2)/W650ウィンカー交換(リア編)


突貫工事によりフロント側を交換した前回の続きです。

 

交換対象のノーマルウィンカー。

 

作業1日目

シートを外して、その下のプラスチックのカバーも外す。

 

現れたリアフェンダーが汚すぎてテンション下がりますねー。
ついでに綺麗にしておきましょう。

 

フェンダーを固定しているボルト4本を外します。自重でべろーん。

 

リアもアースはボディじゃなくて配線で返ってました。バイクの配線ってみんなこうなのかな。昔いじったクルマはボディだったような。

 

容赦なくブチブチとカット。

 

新しいウィンカーを取り付け。

・・・が、

 

落としていたフェンダーを元通り固定しようと持ち上げると、取り付けボルトが長すぎて、フェンダーと干渉することが判明。うーむ。

さらによくよく考え直してみると、僕はこの後サイドバッグを取り付ける予定なので、ウィンカーをリアフェンダー上へ移設しなければならない事になる。となると今苦労してこの場所に取り付けても無駄なので、一時中断。

名西カワサキでリアウィンカー移設キットを購入してから再開することに。

 

作業2日目

前回と同様の手順でシート下をバラしていきます。
(フェンダーをキレイにしておきました)

 

リアウィンカー移設キットには延長ハーネスもセットになっています。
交換するために純正を取り外し。

 

タイラップを外して引っこ抜けばとれると思いきや、
フェンダー裏の爪でしっかり固定されていました。

そして錆だらけのフェンダー裏・・・見たくなかった。

 

リアランプステーを取り外します。

 

ストップランプも取り外し。この辺がよく分からなくて、必要ないところまでバラしちゃった気がする。

 

ストップランプの配線が外れたら、車体側から純正ハーネスをひっこぬいて、ウィンカー配線が追加された延長ハーネスを取り付けます。

 

ウィンカー分が増えたので、妙に多く感じる。あとはステーにストップランプ、ナンバープレート、ウィンカーを取り付けて、配線処理して、フェンダーに取り付けて終了。

 

できたよ!!
アメリカンみたいで微妙になるかも・・・と思ってたけど、それほど違和感はなし。
純正のちっこいウィンカーだとちょっと寂しくなるかもね。

とまあ、何の問題もなく完成したかのように見えますが、今回も宿題山積みです。

・アース、電源、共に配線の接続が目茶苦茶(笑)
・ウィンカーのボルトのネジ山が足りなくて、無茶苦茶ガタつく

ひとまず格好良くできたので、宿題はゆっくり解決していきましょう。
(本当にやるのか疑問)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です