2011年1月 寒中ツーリング(熱海〜伊東)

「いきなりですが、寒中ツーリング1/15・16一泊どうですか?」とのメールに、バカだなあと思いながらも二つ返事で参加を表明。バカだなあ。

こんな季節だからこそバイクに跨る価値がある!最近、寒さを理由にすっかり出不精になってしまっていたので、これは良い機会なのです。

また、少しずつ整えた冬装備のテストにも丁度良い。集合は土曜日、日も落ちる16:30に海老名SA。寒くないわけがない。

上半身:
ヒートテック→Tシャツ→ウールカーディガン→ユニクロのゴミ袋みたいな薄いダウン→革ジャン

下半身:
下着→ヒートテック→ウインドストッパー→ジーパン

結果、冷風吹きすさぶハイウェイを難なく走破!(東名→小田原厚木→西湘バイパス→真鶴道路→熱海なんとかライン)

先日取り付けた旭風防の威力もかなり大きかったと思います。上半身に当たる風の量が格段に減ったことにより、ほとんど寒さを感じませんでした。熱海の宿に到着後は街中で飲んで、夜中までくだらない話をしてしまいました。

翌朝

前日、「明日は全国的に雪で大荒れ」との予報でしたが、神奈川、静岡あたりはこの天気を逃れたのでした。

窓から見える快晴の海!最高のツーリング日和!

熱海峠から伊豆スカイラインに昇った途端、急激に下がる気温。厚いグローブを芯から冷やして痛くなる指先。それもそのはず、伊豆半島の尾根上にある為、冷たい風がビュンビュン抜けていきます。半分くらい雪を被った富士山が実に見事でした。

いつもはバイクだらけの亀石パーキング到着時、我々以外のバイクは皆無でした。道路状況こそ凍結もなく、走行可能でしたが、時々雪が舞う正午の気温は0℃でした・・・。

寒中ツーリングの目的を果たし、全員妙な満足感を得たので下山。海沿いまで来ると随分暖かい。

お昼は伊東にある「ふじいち」へ。

1Fで干物や海産物を買って、2Fで焼いて食べるスタイル。刺身やら、金目鯛の煮付けやらいろいろ食べたけど、鯖のみりん干しがダントツで美味かったです。オススメ。干物をこんなに美味しいと思って食べたのは初めてかも。

心地良い満腹感を得た後は、再び寒風の中に飛び込み、帰路につくのでした。(小田原厚木道路 大磯PA辺りの気温が推定2℃くらいだったそうな)

今回のメンバー:
・DUCATI Hypermotard
・Kawasaki D-Tracker
・YAMAHA XJR1300
・HONDA XR250 BAJA
・Kawasaki W650

今週末も懲りずに走ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です