W650大型エンジンガード取り付け

DSC_0672

2011年年末も25日、クリスマスで慌ただしい世間様とは隔離されたかのような集合住宅のバイク置き場にて、Kawasaki純正の大型エンジンガードの取り付けを行いました。

11月に行われたカスタムWの集いでは、様々なカスタムを施されたW650を見ることができまして、予想通り新しいパーツがいくつか欲しくなってしまったわけです。その中で最初に入手できたのがこの大型エンジンガードでした。新品はちょっと高くて踏み切れなかったので、中古で探したところお値段4000円とリーズナブルに入手できました。

 

さっそく取り付けましょう

DSC_0676

取り付け方法は至ってシンプル。オイルフィルター上にあるエンジンマウントを固定するボルトを使います。説明書的には、万が一エンジンが脱落する可能性を考えてジャッキで支える事を推奨していますが、私はジャッキを持っていなかったのでそのまま作業しました(真似しないほうが良いと思います)。

 

DSC_0677

こんな感じで、下のボルトをエンジンガードのボルトに差し替えるだけです。私でも簡単にできました!

 

DSC_0678

しかし流石に下部のボルト2本で固定はできないので、上部でも固定します。2本のフレームにぶら下がるようにU字の金具をくぐらせて、ナットで固定します。

 

DSC_0680

横から見るとこんな感じです。不必要に被写界深度が浅くて分かり辛いですが、単焦点レンズを買ったばかりなので勘弁してください。

 

完成しました

DSC_0685

おお!分かりきっていたこととはいえ、風防にエンジンガードって似合いますね!

 

DSC_0681

この角度から見るとかなり存在感あります。

 

DSC_0686

とは言っても、その横幅は純正ハンドルに比べればかわいいものです。後ろにはチャンピオンバッグがありますし、万が一転倒しても車体に足が挟まれる事はなさそうですね。

転倒時の車体ダメージを軽減するという本来の効能も十分魅力的ですが、個人的には無骨な金属パーツが増えた事にかなり満足しております。これで本来目指すはずのカッコイイカフェレーサーからまた一歩遠のきました…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です