卒業記念四国ツーリング5日目 檮原-中土佐

7時頃朝の寒さとともに起床。やっぱ山の中は寒いです。電気ストーブレンタルと布団(各300円)したけどやっぱ寒いよ。

ちょっと洗濯物が溜まってきたので管理棟にあるコインランドリーで洗濯。談話室にあるバイク雑誌を眺めながら、昨晩檮原町内で買っておいたカップヌードル+かつおの刺身で朝食。9時過ぎに出発。まずは「四国の屋根」と呼ばれる四国カルストを目指します。「カルスト」については以下wikipedia参照。

カルスト地形(カルストちけい、独: Karst)とは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水などによって溶食されてできた地形である。
「カルスト」という語は、スロベニアのクラス(Kras)地方のドイツ語名に由来する。この地方には中生代に形成された石灰岩が厚く分布し、溶食による地形が多く見られるため研究が最初に進み、後に同種の地形を表す呼び名として「カルスト」がヨーロッパで広く使われるようになった。

要するに石灰岩由来の変化に富んだ地形ってところですかね。

檮原町内で給油し、国道440号線を使って北上。ライダースインの管理人さんに聞いてはいたけど、これがなかなかの酷道。

 

R0011854_resize1

この写真なんてまだ甘い方です。2メートルくらいしかない道幅。ガードレールなし。落石多数。ものすごい高低差。「一気に駆け上がる」という表現がぴったりです。しばらく頑張ると徐々にに景色が開けてきます。

 

R0011855_resize1

地芳峠方面から天狗高原側へ。尾根の上の道なので右も左も山だらけ。

 

R0011859_resize1

これがカルスト地形。石灰岩があちこちにむき出しになってます。夏場は牧草に覆われてコントラストがきれいなんでしょうけど、時期が時期なので若干殺風景放牧されている牛さんもおりません。路肩には雪も残ってたしね・・・。普通に夏来るべきスポットですねw

 

R0011856_resize1 R0011857_resize1

R0011860_resize1 R0011861_resize1

条件が良ければ太平洋やら雲海やら見えるらしいです。この日あたりは丁度黄砂が飛んできてたみたいで遠くまでは見通しがきかないですね。

整備された林道をから、国道197号を経て国道439号へ。
今日は四万十川巡りです。

しかしまたこの439号が酷いwこれまでの酷道に輪をかけた狭さです。片側に四万十川の支流である檮原川、もう片側は岩壁。もちろんガードレールもないし、9割ブラインドコーナー。神経すり減るのなんのって。

 

R0011862_resize1

四万十支流の上流です。

 

R0011864_resize1

酷道439号から国道381号線に乗り換え、ここからは四万十川と並んで走ります。さっきまでと打って変わって非常に走りやすい道ですw

 

R0011865_resize1

山奥なのにでけえw 雰囲気は栃木の那珂川と似てますね。

お腹が空いてきたので「道の駅 とおわ」でお昼休憩。ここの道の駅では、四万十川を眺めながら食事できる上、川まで降りていけます。

 

R0011866_resize1

露出がどっちつかずで残念な写真ですが、豚丼セットおいしかったです^q^

ご飯の後は川辺に。

 

R0011868_resize1

お腹もふくれて、すっかりストイック精神も薄れてくるのですが、今日も先は長い。ぽかぽか陽気で昼寝したくなりましたが、眠気を振り切って出発。

道は国道381号から国道441号線へ。3ケタ酷道はもう嫌だお・・・。この道も予想を裏切らない酷道。「四万十川とゆっくり走る」っていうコンセプトなら最適なんだろうけどね。前を走る高知ナンバーのハイエースは何であんなペースで走れるの?死ぬの?

しばらく走ると四万十川もかなり大きくなってきます。そうすると出てくるのが沈下橋。

沈下橋というのは、増水時に沈んでしまうことを前提に作られた橋のことです。そのため欄干がなく、「最悪増水で流されちゃってもいいや」っていうコンセプトらしいです。構造が単純で比較的安価なため、交通量が少ない山間部などで「ちゃんとした橋作る金はないけど、橋がないと生活できない」っていう所にあるようです。四万十川流域はまさにそのコンセプトぴったりの地域であり、そのため数多くの沈下橋が見られます。

R0011870_resize1 R0011869_resize1

R0011871_resize1

四万十川にかかる沈下橋にはすべて名前のついた看板がついてるのですが名前を忘れてしまいました・・・。橋の上で写真を撮ってる間にクルマが来て、バイクを避けようとしたらバイクもろとも川に落ちそうになりました。クルマのおねーさんは笑ってましたが、俺は冷や汗ダラダラ。思い出しただけで変な汗かいてきた。

沈下橋として有名な「岩間の沈下橋」「佐田の沈下橋」も観てきましたが、日が傾いてきたのでゆっくりできず。

旧中村市から国道56号で宿毛市へ。国道321号線、通称「足摺サニーロード」で四国最南端、足摺岬を目指します。宿毛市内からしばらく山の中を走ったりと、色気のない風景が続くのですが、海が見え始めたらその景色は格別でした。

しかも狙っていないのに日がどんどん傾き始め、西日の差す海岸線を走ることができました。悔やまれるのは時間に余裕が無くて写真が一切無いこと。土佐清水を抜けて足摺岬へ。
駐車場にバイクを置くと、早速ジョン万次郎がお出迎え。灯台へ向かう遊歩道は南国的な植物が鬱蒼と茂っておりました

 

R0011872_resize1  R0011873_resize1

R0011874_resize1 R0011877_resize1

灯台の建つ岬を望む展望台に到着。

R0011875_resize1

R0011878_resize1 R0011876_resize1

差し込む夕日も相まって迫力のある景色です。
岩肌に打ち付ける白波が火サス的スポットですね。

時刻はこの時点で18:00。今日の宿はここから直線で100kmは離れてる中土佐町です・・・あーあ。チェックインは20:00までとの事なので、少々遅れることを電話で伝えます。

『20:00に間に合わなそうなんですが・・・』
「いまどちらに?」
『足摺岬です。どれくらいかかりますかね?』
「・・・。そこからだと3時間はかかりますね・・・お待ちしているので大丈夫ですよ」

完全にチーンです。できるだけ早く着くように急いだ安全運転。昼間来た旧中村市に戻り、国道56号線で窪川を目指します。

しっかし四国は信号が少ない。旧中村市の街を抜けた後はほぼノンストップで走れるため、知らず知らずにペースアップ。そんなペースアップした俺を止まってるかのように抜いていく地元ナンバーのセルシオ、bB、ムーブ・・・北関東を彷彿とさせるどこか懐かしい風景です。

そんな中やたらケツに張り付いて煽ってくるクルマが登場。バックミラーで車種確認。うーん、大型セダンかな?旧クラウンっぽいな。またDQN車か・・・。アクセル抜いてもなかなか抜いてくれないし、鬱陶しいので加速。その後僕がどうなったかはここには書かないことにします・・・。

寒さの中半泣きになりながら窪川周辺に到着。宿までもう少し。ツーリングマップルには「道が細い」とか書いてあるけど、時間がないので最短距離の県道を走ることに。

これが大失敗。これまで出会った中で間違いなく最凶の険道でした。道幅は2m弱。道幅の半分は落石で走行不能。逆サイドはガードレールなしの断崖。もちろん街灯なんて物はなく、人家の灯も全く見える気配なし。頼りになるのはXLRのライトのみ。延々続く九十九折りの険道。さらに飛び出すタヌキorイタチの類。もうメンタルもフィジカルも限界・・・。

そんなストイックロードを走ること20分くらいで今夜の宿「ライダースイン中土佐」に到着しました。時計は21:00過ぎてました・・・。管理人さんにゴメンナサイして、今走った道の酷さを愚痴ると「あの道は地元の人でも滅多に通らんよwww」

道理であんなに落石があるわけだ・・・。

こうして自分の時間配分の無計画さに改めて嫌気の差した5日目の夜は布団に吸い込まれて行くのでした。

【この日のルート】
090320 四国ツーリング走行軌跡4

走行距離:334km 走りすぎだろ・・・

6日目に続く。
引っ越し前になんとか完結させます。

卒業記念四国ツーリング4日目 松山-檮原

R0011793_resize1

四日目。お世話になった松山YHを後にします。「四国の国道走破ステッカー」が売っていたので、何枚か購入。温泉は近いし、松山は良い街なのでまた来たいです。

この日あたりから1日の予定がかなり曖昧になってきて、『ここ見たい!ここ行きたい!』ってな具合で随分適当な計画具合になってきました。まあ、これが一人旅の良いところではあるんですけどね。これが後々支障を来す原因に・・・。

松山を出る前にまずは松山城へ。完全に昨晩の城マニアの影響ですね。天守閣は山の上にあるのでロープウェイor一人用のリフトで上ります。

R0011794_resize1 R0011795_resize1

R0011803_resize1

リフトを登り切ると天守閣が見えてきます。文化財を前にみんな一生懸命ケータイのカメラを向けているのが良くも悪くも現代的ですね。恥ずかしいとは言わないけど、「良い景色!まずケータイ!」ってのは俺はちょっと抵抗があるなあ。Blog投稿用に撮ってはいたけど、老若男女問わず城にケータイ向けてる姿はどうも違和感を覚えます。

この庭に立ってる木は全部桜みたいですね。開花時期はすばらしい花見スポットですな。前述したように小高い山の上なので、松山市内も一望できます。

R0011797_resize1

立派な石垣!スゲー!そういえば城なんて会津若松の鶴ヶ城くらいしかまともに見たことない気がする。しばし城マニアの気持ちになって各建造物を撮影。

R0011800_resize1 R0011801_resize1

右上の写真の門の前に立つ木も桜です。春になったら見事でしょうね。

R0011805_resize1 R0011806_resize1

城内にはやはり戦闘を意識したスポットがたくさんあります。
戦国無双のゲーム画面しか浮かんでこない俺。

R0011808_resize1  R0011809_resize1

R0011813_resize1  R0011820_resize1

門撮るの難しいな。

天守閣内では松山城の歴史を学べるほか、松山市内を一望できます。

R0011810_resize1 R0011816_resize1 

R0011812_resize1 R0011814_resize1

城って結構面白いかも・・・。新しい扉が開いてしまいそうになるのを感じながら、敷地内の軽食屋で朝食。

R0011819_resize1

R0011817_resize1 R0011818_resize1

「炊き込み鯛めし」、「坊ちゃん団子」、「日本一のみかんジュース」をいただいてきました。鯛めしは昨晩食べた刺身が載っているタイプとは違い、炊き込みタイプ。風味がしっかり残ってておいしいです^q^ 「坊ちゃん団子」ってのは松山が夏目漱石の「坊ちゃん」の舞台であり、漱石ゆかりの地であることから作られた団子です。街中の至る所で「坊ちゃん」の文字を見ます。「日本一のみかんジュース」は完全に名前だけで注文しました。味は普通のみk(ry

松山は城あり、温泉ありと、歴史にも恵まれてますが、ちゃんと観光に力を入れてる気がします。悪くいえば商魂たくましいって所なんでしょうけど、観光する側もいろいろ整っているので観光しやすいです。

のんびりしすぎた松山を後にし、国道56号線で南下。途中、国道378号線に乗り換えて海沿いの道を・・・と思ったらどんどん山っぽい風景に。どうやら道に迷ったようです。

R0011824_resize1

四国はちょっと道を間違えると突然山の中に入ったり、山の間から海が見え始めたりします。間違えたのがわかりやすくて良いんですけどね。

気を取り直して国道378号線まで戻り、海沿いを走ります。この道は通称「夕やけこやけライン」らしいんですが、なるほど西の海に落ちる夕日を見ながら走れれば最高の道ですね。残念ながらこの時は昼時なので、春の陽気と海に向いて咲く菜の花を見ながら走りました。

この国道378号線沿いは予讃線というローカル線が走っているのですが、その予讃線の「下灘駅」という駅が青春18切符のポスターになった駅として有名らしいです。

通り道なのでちょっと寄り道。

R0011829_resize1

R0011826_resize1 R0011827_resize1

R0011830_resize1 R0011831_resize1

写真の水平とれて無くて残念な感じですが、ホームから海だけ見えるっていう絵はなかなか無いですよね。丁度列車も入ってきましたが、1両だけの良い感じの列車です。こういうローカル線で旅するのも良いなあ。

この日の目標は四国最西端です。
何とも無茶な思いつきですが、当初予定してた内子の街はちょっと肩すかしくらいそうな雰囲気だったし、鯛めしの宇和島は遠いし・・・という成り行きでした。

地図見てもらうとわかるんですが、四国の西側に尖った半島があります。これが佐田岬半島。その先端の佐田岬まで行ってきました。国道197号線を使ってひたすら走る。道路の右に左に海が見え、丁度山の稜線を走ってる感覚。

R0011848_resize1

R0011844_resize1 R0011847_resize1

この半島には風力発電の風車がたくさん立っています。管理用に作られたであろう道が風車のすぐ横まで走っているのですぐ隣まで行けます。レッドバロンの看板は四国のツーリングスポットに必ず立ってました。全部写真撮れば良かったなあ。

R0011846_resize1

右下にあるのがバイクね。風車でかすぎワロタ。こんなでかい建造物がいくつも同じ方向を向いて建っている風景はちょっと神秘的な物を感じたり。

この風車が見えるあたりからの道が細いのなんのって。最終的には道幅2m、対向車来たら終了。って道ばっかりになります。民家があったら驚くレベル。四国はこういう「国道なのに、県道なのに酷い道」というのが多いらしく、揶揄して「酷道」「険道」と言うみたいです。(ごく狭義でしょうが)

ここでも突然の険道の出現により予定より大幅に時間を食ってしまうことに。神経をすり減らしつつ到着。駐車場ではおばちゃんがみかん売ってます。

R0011843_resize1 R0011842_resize1

そしてここで知る事実。「佐多岬まで徒歩20分」ええい、ここまで来て行かないわけには行くまい。と奮起したもののこれがまたえらいタフなハイキングコース。

体力削られながら岬先端に到着・・・。

R0011834_resize1

R0011835_resize1 R0011840_resize1

R0011832_resize1 R0011841_resize1

おお!海の向こうに大分県が見える!最西端スゲー!
写真では見えませんが、工場らしき煙突も見えます。

つーか全部の写真にレンズの汚れが写り込んでる・・・。

計画外の狭路ドライブと山道ハイキングのせいで体力ゲージは赤色点滅でしたが、ここから今日の宿へ行かなくてはなりませぬ。道は国道197号をひた走るだけなんですが、ざっと計算したら200kmくらいあるんです。もうアホかと。

ソッコー心折れそうでしたが、己に鞭打ち、バイクに火を入れ走るだけです。佐田岬半島から八幡浜市、大洲市を経由して檮原町へ。

檮原町に入る頃には19:00を回っており、もう周囲は真っ暗。トンネル何本くぐったかわからん。山何個超えたかわからん。とりあえず相当山奥に居て、ここでバイクがチーンしたら俺終了って事だけは確か。

寒さで頭がぼーっとしてきた頃、今夜の宿の看板が見えました。今夜は「ライダースイン雲の上」に宿泊。

R0011851_resize1 R0011849_resize1

R0011850_resize1 R0011853_resize1

ハイシーズンはバイク乗りだらけになるそうですが、この日は俺と原付軍団が4人という組み合わせでした。バイク乗り向けの宿だけあって安くて良いのですが、部屋には何もないので一人は少々寂しいですw

隣には同じ「雲の上」を冠したホテルとレストラン、銭湯があるので、食事、風呂は困らないです。みんな公営なのかな?ライダースインは半分公営みたいです。

ホテル隣接のレストランでカルスト牛のハンバーグを食って、温泉に浸り即就寝。温泉からの帰り道は本当に真っ暗で、手に持ったヘッドライトが役に立ちませんでした。やっぱりその分星はきれいでした。

五日目は四万十川、四国最南端を制覇します。

【この日のルート】
090320 四国ツーリング走行軌跡3

走行距離:235kmくらい
山道は楽しいけど体力的にキツイです。四国の山道はひと気が無くてコワイ。

五日目に続く。

卒業記念四国ツーリング3日目 高松-松山

三日目、6時頃起床。普段は絶対起きられないのに、やっぱり楽しい事だと起きられますね。

ちょっと冷え込んでるけど、天気は予報通り快晴。まずは予定通り高松市内のうどん屋へ。しかしこれが見事にお休み。そう、今日は日曜日なのでした。個人経営の製麺所が多いので、日曜日はお休みのお店が多いのです。仕方ない、うどんはもう諦めるか・・・。

俺より先にXLRに食事をさせてから、瀬戸内海を眺望できる五色台へ。

 

R0011720_resize1

標高を稼ぐ度に見え隠れする瀬戸内海。道も広くて走りやすいです。地元ではバイク乗りの人気スポットらしいです。

程なくして頂上付近の公園に到着。冷え込みのせいか、空気も澄んでいるように感じます。

R0011735_resize1

R0011734_resize1 R0011737_resize1

R0011733_resize1 R0011739_resize1 

瀬戸大橋沿いに化学工場が見えます。三菱化学かな?と思ったら野犬に絡まれそうになったので、急いで退却。何歳になっても野良犬だけはどうにもダメです。五色台を後にし、また海沿いの道を走ります。

 

R0011741_resize1

しかし腹減った・・・仕方なくローソンに寄り、肉まんと缶コーヒーで朝食。軽トラのじいさんが俺を物珍しそうに眺めてから、少々会話。

「兄ちゃんどっから来たんや?(ナンバープレートを見る)はぁぁ!?栃木ぃぃい!?」
「またえらい遠くから来たんやなw 大学生か?」
『はい、フェリーで来ましたw』
「就職とか大変な時代だよなw まあ頑張れよwww」

さすがにとちぎナンバーは珍しいかwしかし朝からテンションの高いじいさんだった。

高速を目指し、坂出市内に入ったところでうどん屋発見!コンビニの前に出現してくれれば良かったのに・・・でも入る。

R0011744_resize1

R0011743_resize1

かけうどん(小)を注文。180円とかそれくらい。おいしいけど、正直ちょっと飽きてきた。もっと効率的にうどん攻略に臨めば楽しめるんだろうけどね・・・。

食べながらツーリングマップルを眺め(行儀悪い)、目的の坂出ICまでの道を確認。すると途中に瀬戸大橋を間近で見られる公園があるらしいので寄り道することに。

R0011748_resize1

常磐公園っていうらしいです。海と化学工場と、瀬戸大橋。迫力ありますね。

んで、もっと迫力あったのがこっち。

R0011749_resize1

ガクガクブルブル
なんかここはカップルが愛を誓って(笑)南京錠かける場所なんだとさ。この展望台自体が、結婚式場の一角なので、そもそもそういう場所なんでしょう。寒気がしてきたので小汚いバイク乗りはさっさと退散。

坂出ICから高松道に乗り、松山方面を目指します。日曜だって言うのに交通量は少なめ。快適、快適・・・と思ったらやたらと後続車にあおられる。

四国に入ってからずっと感じてたことですが、四国の運転マナーはよろしくないです。栃木出身の俺でも「うひょー」とかメットの中で言っちゃうくらいヤバい。

・基本的に信号が赤になってから3,4台は交差点に入ってくる
・右折のタイミングが特攻
・高速でバイクを抜くときに車線変更しない
・高速での車間距離は1mくらい

俺が高速で前のクルマとの車間距離を10mもとろう物なら、間に2台は入ってくる。何なのこいつら、と思いながらもさらに車間距離あけるとそこに更に入ってくる。何なn(ry 以下無限ループ。

そんな事を考えているうちに、石鎚山SAへ到着。お腹が空いてきたので昼食を食べて、足湯があるそうなので休憩していくことに。

R0011758_resize1

かつおの刺身、豆乳湯葉うどん、いちごの杏仁豆腐がついて1000円くらい。最近こういうさっぱりした定食が好きでね・・・。おいしかったです。

食後は足湯へ。小松、新居浜の街が見えます。

R0011756_resize1 R0011755_resize1

足湯の後、温泉の建物内をふらふらしてるとお祭りに使うであろう「だんじり」がありました。観光客よろしく写真を撮っていると係のおばちゃんが登場。だんじりを使ったお祭りについて説明してもらえました。

R0011754_resize1 R0011752_resize1

「兄ちゃん、どっから来たん?」
『茨城からきました』
「いばらきぃぃい!?遠いなw ”単車” で来たのか?」
『!?』
「父ちゃん母ちゃん心配しとるから連絡してやんな!ウチのせがれも昔は・・・」

おばちゃんから「単車」って言葉が出て一瞬 !? ってなったけど、年配の方は普通に使うようでw しかし訛りが強くてリスニングできなかったわ・・・おばちゃん何回も聞き返しちゃってすみませんでした。

眠くなってきたので、休憩室でアタック25を見てから出発。

・おまけ

R0011751_resize1

この地域へのうどんの浸透度の高さがわかります。

 
 

旅路の方は松山道から「いよ小松JCT」で今治方面へ。しまなみ海道にかかる来島海峡大橋を見に行き、西海岸を走り松山入りする予定。

程なくして今治市内を抜け、糸山公園へ。しまなみ海道が一望できます。

 

R0011764_resize1

スゲー!!デケー!!
周辺も整備されて、公園になっていました。瀬戸大橋より近くで見られます。見下ろす瀬戸内海では”渦潮もどき”が発生してました。元々大きな湖だった瀬戸内海は地形が複雑で、急な海流の変化が起こるようです。

R0011759_resize1 R0011762_resize1

R0011767_resize1 R0011768_resize1

瀬戸内の景観を満喫し、あとは今日の宿のある松山市内へ向かうだけ。国道196号線を使って海沿いを走ります。海沿いの道路も、海なし県育ちの俺には非常に刺激的でテンション上がるものだったのですが、こうも続くとうどん同様少々食傷気味ですw

夕暮れの中をローカル線と併走しながらのんびり走ります。この辺は「菊間瓦」が有名らしく瓦工場がたくさんあります。途中、「道の駅 風和里」で休憩。バイクたくさん、サイドカー、トライクなど盛りだくさんでした。フェラーリのオープンカーに乗ったDQNが爆音上げて走り回ってました。うるせえ。

30分ほどで松山市内に到着。宿のある道後温泉は松山市中心の北東部にあります。

この道後温泉がこの旅の大きな目的の一つ。風情のある建物+温泉街というコンボに我慢できませんでした。松山YHに荷物を置き、温泉街を散策。

R0011769_resize1 R0011791_resize1

R0011770_resize1    R0011771_resize1

道後温泉街入り口には足湯があり、観光案内のおじさん(軍服?)がいます。おじさんは案内だけでなく歌も歌ってくれたりと、観光客を楽しませてくれます。

そんでこれが目的の道後温泉本館。

R0011773_resize1

R0011774_resize1 R0011775_resize1

R0011776_resize1 R0011783_resize1

すごい立派な建物。建物について詳しいことは知らんけど、迫力がある。ここだけ時間止まってんじゃないの?ってくらい外との空気の差を感じる。しかしながら周りはでかいホテルが建ってたりと、現代そのもの。

R0011790_resize1

肝心の風呂ですが、いろいろコースがあり、風呂入るだけが400円くらい。風呂+浴衣貸し出し+大広間で休憩+お茶とお茶菓子コースが700円くらい。もう一つの高級風呂に入ると1500円くらいだった気がする。折角なので700円のコースに。

R0011778_resize1

R0011779_resize1

こんな大広間で浴衣着て湯休みできます。内装もレトロで良い感じです。風呂場は地元のじいさん達の社交場でした。これはどこでも同じかな。休憩所で隣に座ったカップルがやかましかったので退散。そういうのは旅館でやれ。

お腹が空いてきたので本館を出て隣にある「道後麦酒館」へ。ガイドブックにありがちな地ビールのお店です。

R0011784_resize1

R0011781_resize1 R0011782_resize1

地ビールがばがば飲んで、今治名物の鳥の皮焼き、宇和島風の鯛めしを食ってきました。値段は高めだったけど、金のこと考えずに注文しまくったよ!フヒヒヒヒ!

食後かなり良い気分で温泉街を散策。勢いに乗って研究室のお土産にみかんジュースを箱買いしてしまう。5000円。勢いに乗って地酒を購入してしまう。いくらか忘れた。

そのままふらふらとYHへ帰宿。YHってのはユースホステルのことです。簡単に言うと若い旅行者向けの相部屋安宿。会員なら2900円とかで泊まれる。

この日相部屋になった2人も旅行者。一人はNinja250Rでツーリング。ほぼ日本一周してるっぽい。糞うらやましい。もう1人は横浜から18切符で松山まで来たらしい。この2人に共通するのは城マニアということ。

「城の門の位置とか、石垣の高さとかで、”ああ、この辺は攻略に苦労しただろうな・・・”とか、兵士の気持ちを想像しながら城巡りすると楽しいですよ」

な・・何を言っているかさっぱりわからねーが、熱意だけはビンビン伝わってきたぜ・・・。

こうして男だらけの松山の夜は更けていくのでした。

【この日のルート】
090320 四国ツーリング走行軌跡2

走行距離:280 km

やっぱ高速使うと楽だなあ。
四日目に続く。