2017年Legend of Classic第1戦 筑波サーキット

写真 2017-04-16 14 12 33

4/16に筑波サーキットで行われたLegend of Classicにお呼ばれしたので、少しだけお手伝いしてきたお話です。

 

写真 2017-04-16 5 31 33

レースの日の朝は早いです。筑波サーキットの時は常磐道守谷PAに集合することが多いのですが、5:30に到着して関係者いないかな〜と探したときには誰もいませんでした…

 

写真 2017-04-16 6 41 09

急いで後を追いかけて6:30ごろには筑波サーキット到着です。呼んでくれたJ君はまだ来ていないようなので、TRカンパニーさんのテントで皆さんにご挨拶。

 

写真 2017-04-16 6 49 34

するとJ君と「極東 CLUB OBSOLUTE」の皆さんが到着。これが噂のRobnorth Trident。先日の走行会で少し傷がついたらしいですが、そんな話が気にならないくらいのカッコよさと、独特の雰囲気がありますね。

なんて話してるともうすぐに装具チェックと車検の時間です。ただの冷やかしに来たつもりでしたが、メットとブーツ持って行こうか?なんてやってるうちにすっかりお手伝いさんになっておりました。

 

写真 2017-04-16 10 07 27

じゃあスターターも頼むわ!ということでほとんど経験のないままエンジンスターターをやらせてもらう事になりました。3気筒なのでビッグシングルのマシンよりは掛かりやすいですが、それでも十分緊張します。

 

写真 2017-04-16 8 41 10

4月とは思えない初夏の陽気の中、会場をフラフラしているといろんなマシンが見られて楽しいですね。有名な46worksのR75/5、走っているところも見ましたがカッコイイ上に速いですね。よく見るとエンジンのマウント角度まで変わってました。

 

写真 2017-04-16 14 13 09

予選ではシフトペダルのロッドが破損してしまったTrident号、しっかり処置をして決勝グリッドに付いたようです。レース中のトラブルも自分で対応しなくちゃいけないとなると走るだけでなくメカの知識も必要ですし、考えただけで鼻血が出そうですが、全力でバイク遊びするってのはこういう事なんだろうなと思いました。決勝も無事エンジン始動してお手伝い完遂です。

慣れないレースのお手伝いで緊張しましたが、逆にお手伝いだけでレースの緊張感を少しだけ味わえた気がします。まさにエンスージアスト、大人の趣味の世界ですね。また機会があったら参加してみたいと思います。

 

2011 D1 GRAND PRIX “TOKYO DRIFT” /お台場

去る6月4日にお台場特設会場にて行われたD1グランプリの様子です。

ご存じない方の為に簡単に説明しますと、D1グランプリとは「いかにカッコ良いドリフトを見せられるか」を競う極めて低俗で頭の悪くてたのしいモータースポーツです。

 


内海彰乃 TOYO/RC926 シルビアS15

S15とありますがフロントは180SX、リアはS13…。この辺のを外装で判断するのは不可能です。

これまでにも何回かD1GP観戦していますが、今回は初めてD90を持っていくので、撮る楽しみもあるのです。やっぱりGR DIGITALだとメインの被写体に近づけず、競技中の写真はどうしても俯瞰したような迫力のないものになってしまうので、便利ズームの今回はちょっとは良い写真を撮りたいところ。

 


たかやま けんじ R Magic D1 Racing RX-7(FD3S)

蛍光色のホイールってここ数年でスゲー増えましたけど、ラジコンみたいでちょっと好きになれないです。
ただやっぱりRX-7はカッコいい。

 


時田雅義 GOODYEAR ゼロクラウン

確か一昨年「国内最速の覆面パトカー仕様」として出場し、キレた走りを見せていた記憶がありますが、回転灯とグリル内の赤ランプは取ってしまったようです。

 


板倉日出生 チーム H.D.O with RSワタナベ セリカLB(RA28)

こんな古い車も元気にドリフトしてました。エンジンは当時ものが乗ってますって言ってた気がする。

 


岩井照宜 TEAM ACTION & H.D.O スターレット(KP61)

これまた懐かしい車。この車見て歓声上げるのはまちがいなく40歳以上のオッサン(失礼)。

 

折角だからD90の連射機能とか使ってみましょう。

 


松川和也 TEAM UPGARAGE with DROO-P SC430(UZZ40)

最新一眼レフからしたら見劣りするんでしょうけど、僕にはこれくらいの機能で十分ですね。

まず予選として、一人で走って審査員に得点をつけてもらう「単走」があります。仮装大賞とか、フィギュアスケートとか、ああいう感じですね。得点は審査員の好みで決まるようです。勢い余ってスポンジバリアに突っ込んでしまう車もチラホラ。正直、観客としてはクラッシュしてくれた方が盛り上がります。

 

 

 

 

進入角がコントロールできず途中で回ってしまったり。リアから思いっきりヒットしてしまったり。

 

休憩

単走予選と追走の決勝の間も様々なパフォーマンスがあったりするのですが、席を離れてちょっと休憩。

かわいらしいVWのデリバリーバンを発見。

 

 

なぜかハコスカが展示してありました。コンパクトなのに迫力があるってのは、今の車にはなかなかないですよね。”ドシャコ”でしたが”セッタが入らねーぜ!?”ってほどではありませんでした。

 

一方、ドリフト業界にも痛車の波。貴重なRX-7を痛車にするくらいなら僕にくださいよ。絶対維持できないですけど。

 

毎回あるのがラジコンメーカーのYOKOMOブース。ラジコンでドリフトを楽しむってのもかなり認知されたジャンルになってきたようで、休日の空き地で練習する人を見た事があります。でもやるなら実車でやりたいですよね(もちろんサーキットで)。

 

LEXUS LFAによるデモランも行われました。このLFAって車は560PS/8700rpmの4.8L V10エンジンを積んだLEXUSの最高級スポーツカーです。お値段は4000万円ほど。現実味がなさ過ぎてどうでも良い値段です。

4000万円もする車でドリフトするなんて!と、手に汗握ってしまいますが、この大会に出てる競技車両もかなりお金かかってますからね。ドリフトしまくって時には谷底に落ちちゃうWRCの車両なんて一台あたり億単位だというのだから、モータースポーツっていろんな意味で普通の感覚ではやってられません。

 

追走・決勝トーナメント

一台で走って得点を競う予選の単走とは異なり、決勝トーナメントでは2台で追いかけっこをして勝負をします。といっても抜く抜かれるという勝負ではなく、あらかじめ決めておいた先行車は追走車をどれだけ離せるか、追走車は先行車にどれだけ食いつけるかというところで評価していくのです。

 


松川和也 SC430(UZZ40) vs. 廣田友和 GS350(GRS191)

珍しいLEXUS対決。
ドリフト車に使うベース車両も年々タマ数が減ってきている事から、新規車種での参戦はなんらかの優遇があるらしいです。いつまでもS13とかハチロクがあるわけじゃないですから、新しい車両にも活躍してほしいところですが、LEXUSが並んで横滑りしてるのはやはり見慣れない光景。

 


日比野哲也 スプリンター・トレノ(AE85)vs. 今村陽一 シルビア(S15)

個人的なベストバトルはこのあたりでした。準決勝あたりなんだけど、集中して観戦できたのはこのへんまででした。だって日陰ないし暑いんだもの…。

ドリフトって公道での迷惑行為のイメージが強くて、このイベントも賛否あるところなのかもしれませんが、一般的に良くないイメージのものを安全にみんなが楽しめるエンターテイメントにしようとしている姿勢とエネルギーに毎回感心しています。迷惑な事、危ない事って逆に楽しい事が多かったりするし(バイクも然り)、そういうのを迷惑かけずに、安全に楽しめるようにしていこうって活動はすごく有意義な事だと思います(迷惑かけずに安全になっちゃったら実はつまらないのかもしれませんが)。

まあ難しい理屈は抜きにしても、青空の下ビール飲みながらモータースポーツ観戦は最高です。

 

INDY JAPAN 300 mile(予選)/ツインリンクもてぎ

親父から「ホンダのディーラーに暇つぶしに行ったら、レースの観戦チケットが当たったからお前も来い」というよく分からない連絡があったので、INDY JAPAN 300 mileを見に行くことになりました。

抜けるような秋晴れの空。
最高の行楽日和でビールがうまい!(運転は親父にしてもらいました)

ちなみにこのINDY JAPAN、この日は予選日だったのです。
本当ならば日曜日の決勝を観るべきですが、僕の会社が翌日の祭日休みでないことと、混雑が怠いという理由から予選を観に行くことになりました。まあ雰囲気が楽しめれば良いかな、というところです。

行ってから知ったのですが、予選日は2時間おきに練習走行、15:30から決勝に向けた予選タイムアタックというスケジュールでした。V8のエンジン音が轟く会場入りしたときには最初の練習走行が行われていたようでしたが、コースが見えるところまで着いた瞬間に佐藤琢磨がクラッシュという…

練習走行も中断してしまったので、会場をフラフラ。

SUPER GT車両をジロジロ眺めたり。

「大人になって頑張って働けばNSX乗れる日が来るかもしれない」

そんな風に考えていた時期が、僕にもありました。

現行シビックも手を入れればなかなか・・・
バイクも良いけど、クルマもカッコイイよね。

もちろん競技観戦も良いですが、レース会場の周辺展示もかなり面白いです。

モビリオ?フリード?その辺のファミリーミニバンをcoleman仕様にした展示。欲しいわけでもないのに無駄にワクワクしちゃうよね。

栃木県アピールブースもありました。
こんな凄いサーキットあるんだから、もっとアピールしないとね。
皆さん栃木にお越しの際はお金を落としていって下さい。

歩き疲れて芝生で昼寝。
それにしても良い天気だなあ。

・・・今日何しに来たんだっけ?

午後の練習走行が始まっていました。
V8エンジンの直管排気音ってだけなのに、どうしてこんなに官能的なんでしょうね。
きっと興味のない人からすればただの騒音なんでしょうけど。

そもそもINDYってなあに?って話ですが、僕もそこまで詳しくないのです。ちょっと囓ったところによると、F1とは違う団体が主催しているF1みたいなレース。ってところみたいです。F1と違うのはコースがオーバル(ただの丸コース)が中心って事くらいなのかな。(詳細はwikipediaでも見て下さい)

エンジンに関しては数年前からホンダのみらしいです。
レース開催地はアメリカ以外だと、このツインリンクもてぎのみだそうです。栃木のモータスポーツファンはもっと誇りに思うべき。

この辺まで近づくと凄い轟音。
マシンが走ってくる度に耳に痛みが走るレベル。

写真撮ろうとしても、早すぎてこんな事になってしまう。
時速200 mileくらい?てことは300km/hくらい出てるのか・・・。恐ろしや。

撮影には高度な目押しテクニックが必要となります。
あとはバズーカみたいなレンズと鉄塔みたいな三脚、鬼の連写機能。

結局、親父共々、公式予選が始まる前にお腹いっぱいになって帰りました(笑)

来年はもっとアンテナ張って、いろんなレース観に行きたいです。