会社サボって奥多摩ツーリング

写真 2017-09-14 16 00 23

とある平日、急に身体が出社を拒否したのでお休みをいただき、午後からゆっくり奥多摩パトロールしてきました。

 

写真 2017-09-14 14 49 20

本当は秩父から雁坂通って奥多摩に戻るか、奥多摩から柳沢峠まで抜けてフルーツライン走るか…と思ったのですが、出発の時間が遅かったので叶わず。中途半端に名栗湖まで来てしまったのでしばらく湖面を眺めてぼーっとしておりました。平日のこの時間でもバイクで来る人がたくさんいるんですね。

 

写真 2017-09-14 15 18 29

昔、友人に教えてもらったのにいつも営業時間に合わない名栗湖手前のカフェ。今日ならゆっくりお茶をすすれるはず、と思ったら翌日まで夏休み中でした。何も考えないで写真撮るとバイクの角度が全部一緒になりますね…。

喫茶 gachirin -月輪- | 名栗の山間にある小さな田舎の喫茶店

秩父に抜けるには時間がなかったので、いつものルートを逆戻りして奥多摩湖畔から奥多摩周遊道路へ。当たり前ですが、いつものルートも逆に走れば峠道の上りが下りになって下りが上りになります。走り慣れたつもりの道ですが、逆になるだけで知らない道を走る気分になれました。相変わらず安上がりな男です。

 

写真 2017-09-19 17 34 11

こんな平日の午後にはイリーガルな方々もいらっしゃらないので、ひとつひとつのコーナーを確認するようにゆっくり奥多摩周遊道路を走ってきました。

やっぱりフロント19インチでリアタイヤに乗るようなバイクのコーナリングは気を遣わなくて楽に感じます。一方でR100RSに対して育ちつつあるリアタイアで乗れない苦手意識…。足回りのセッティングを見直した上で色々考えたいですが、もうこれは好みの問題なのかも、とも思いました。

ステムベアリングを替えたお陰か、いつもよりヒラヒラとスムースなコーナリングを楽しめた気がしました(個人の感想です)。こんな穏やかな平日の午後、また仕事をサボってのんびり走りに来たいと思います。

 

Z750four 3回目の車検とW1SA試乗

写真 2017-09-09 11 20 57

ウチに来てから3回目の車検となったZ750four、ODOメーターは約42000km、前回の車検から約7000kmの走行となりました。朝ツーリングで定期的に走り始めたのはここ数ヶ月なので、それまでは1ヶ月あたり500km以下ということになります。ほとんど乗れてないですね〜。

今回はいつものオイル交換等の他にステムベアリングの交換をお願いしました。乗っている分には全然劣化に気づいていませんでしたが、やや引っかかりがあるとの事でしたので早めに交換してもらうことにしました。旧車は早め早めの対応が大切といいますしね。

 

写真 2017-09-09 11 50 29

しかし気がつけばお店での話題は、車検が完了したZよりGさんが組み上げたW1SAの事ばかりになっていました。「いやーW1いいですよ〜」としきりに愛車を褒めるGさんと話しているとうっかり乗ってみたくなってしまったので、近所を試乗させて頂くことになりました。

 

写真 2017-09-09 11 45 33

「まだ詰めなきゃいけないところがある」との事でしたが、予想に反して低回転からスムースに引き出せるトルク感と、レスポンスの良さに驚きました。短い距離の街乗りですからあれこれ試すわけにはいきませんでしたが、以前預かっていたW3と比較して振動が少なく、特に低回転からのパワーの出方が全然違います。

 

写真 2017-09-09 11 50 59

理由はこのキャブレター。純正のミクニVMからAMAL社製930というキャブに交換されているのでした。W1SAにAMALキャブという組み合わせ、セッティングはあれこれと一筋縄ではいかなかったそうですが、Gさんがずっと暖めていたアイデアのようです。

純正のW1SAに乗らずにこのW1SAに乗ってしまったので正確な比較ができませんが、低回転〜アイドリングの振動と音が静かになり、W3に乗っていた時に気になったゼロ発進時のスロットルレスポンスがとても良いです。曰く、高回転までスムースにパワーが出てくれるとの事でしたが、今回の試乗では回せないのでお預けでした。

 

写真 2017-09-09 13 47 07

Zの車検が終わったのにWの話ばかりになってしまいました。しかし荒々しく旧車らしいW1SAの後に乗るZはGさんの言葉を借りれば「20年くらい未来のバイク」に感じるほどなめらかです。これにも改めて驚きました。外から見れば同じような70年代前後のカワサキ旧車ですが、エンジンはともかく、フレーム、ブレーキ、足回りの成熟でここまで変わるものかと、大げさに言えば1970年代のバイクの進化を感じたような気がしました。スムースに加速する4気筒も気持ち良いですが、旧車らしく荒々しいツインも魅力的。バイク趣味って忙しいですね!

 

雨の合間に初秋の埼玉西部〜群馬ツーリング

写真 2017-09-02 11 28 50

台風が行ったり来たりと天候の安定しない9月の初め、バイク仲間達にお呼ばれして埼玉西部〜群馬方面へのツーリングに行ってまいりました。

 

写真 2017-09-02 4 31 59

明け方には小雨になるはずの予報でしたが、台風の影響なのか出発時間にこんな状態。急がないといけない行程ではなかったので、時間をおいて雨が弱くなったころに出発することにしました。

 

写真 2017-09-02 9 00 30

都内を抜けるまでにそこそこ降られてしまいましたが、北上するほど天気は回復し、関越道に乗ると晴れ間が見え始めました。台風後の蒸し暑さもなく、逆に秋の空気を運んできたかのようにカラッとして気持ち良い1日になりそうです。

 

写真 2017-09-02 10 23 29

関越道を東松山ICで降りてすぐの所で本日のメンバーと合流。R60のX君、R100RSのM君、R90/6のW氏、そしてR100RSの私というBMWな面々です。

 

写真 2017-09-02 12 43 54

まずは東松山ICから国道254号で西に進み「彩の国ふれあい牧場」手前で折れて三沢地区に降り、皆野から県道37号で秩父を抜けて、土坂峠から神流町へ。

 

写真 2017-09-02 12 30 43

東松山から彩の国ふれあい牧場までの道中、M君のR100RSと私のR100RSを交換して走ってみることにしました。街中のストップアンドゴーと少しだけ峠道の道程でしたが、年式のわずかな違い(’87と’88)だけなのにセッティングの違いなのか、随分印象の違う乗り物でした。

大きな違いは2点ありました。一つ目はエンジンフィールの違いで、彼のRSはとても静かで吹け上がりがスムースでした。比べて私のRSは良く言えば古き良きフラットツインらしい荒々しさが残る感じ、悪く言えばバタバタと締まりのない感もあります。

どちらが良い悪い、という訳ではないのですが、キャブレターのセッティングの違いなのか?彼の言葉を借りると私のRSは若干薄い目、彼のRSは若干濃い目のような印象でした。燃費を比較すると彼のRSは大体18km/L、私のRSは20km/Lくらいですので、この濃い薄いという感想は当たらずとも遠からずかもしれません。

二つ目の大きな違いは峠道でのハンドリングです。先日の箱根方面へのツーリングでも長々と書きましたが、私のRSはちょっとしたギャップでフロントが暴れ気味になったり、しっかりとフロントに荷重をかけないと曲がりにくい印象を持っています。対して彼のRSはハンドルの取り回しに重さを感じるものの、それがコーナリング中のカチッとした感触になり、余計な振動やリアクションなく曲がって行けるように感じました。

聞いてみるとステムナットの締め付けを強くしてもらっているようで、取り回しに少し重さを感じるのはその為のようです。私のRSは取り回しが軽い代わりにハンドルの取り扱いに神経を使う感じがあります。これもセッティングの好みの問題かもしれませんが、R100RSの乗り味で絶賛悩み中の私にとって大変有意義な試乗になりました。

 

写真 2017-09-02 15 56 55

話がツーリングから外れてしまいました。神流町から国道462号を西に進み、国道299号と合流。湯ノ沢トンネルで南牧村へ進み、下仁田を経由して妙義山でちょっと休憩です。

M君のRSに乗った後で気付いたのですが、私は峠道でのコーナリング中、曲がる側(コーナーに対してイン側)の手にだいぶ力が入っているみたいです。それも曲がる方向に対して逆ハンドルを切る方向に力が入ってしまっているようです。

私自身の技能にも問題はありそうですが、フロントから来る余計なリアクションを抑える為に自然に力が入ってしまっているのかもしれません。これではちょこちょこと小回りするような峠道が疲れるわけです。

 

写真 2017-09-02 17 42 20

妙義山から県道を繋ぎ、国道18号で高崎市内へ。いつものNut Clothing & Cafeへ転がり込みました。いつも通り店主のW氏も交えてバイク談義に花が咲くところで…

 

写真 2017-09-02 18 16 36

社用車?のFLS ソフテイルスリムに試乗させてもらうことになりました!人生初ハーレーです!アメリカンタイプを運転するのは高校生の時に友人のマグナ50に乗って以来です。

 

写真 2017-09-02 18 13 09

まずはここまで乗ってきたR100RSに比べると仰向けにされているようにも感じる乗車ポジションに驚きましたが、何より約320kg(カタログ値)という車重に圧倒されました。もちろん重心は低くて転倒するような怖さはないのですが、跨っただけで感じる重量感は迫力すら感じました。

そこへ重量感を感じさせないほどのパワーを持つ1600ccのエンジンが乗ってるわけです。ほんの短い距離での試乗でしたが、停車時は股ぐらで大砲が跳ね回るかのような鼓動感です。低回転からは溢れんばかりのトルク感で久しぶりに背中を蹴られる感覚を覚えました。オーナーがトルク中毒になってしまうのも納得できます。

人生初ハーレーは大変貴重な経験でした。車重やパワーやら、道中考えていた細かなハンドリングやらレスポンスやらを議論するのがバカみたいに感じる圧倒的な存在感でしたが、やっぱりまだ私には早すぎるバイクかな、とも思いました。

 

写真 2017-09-03 0 00 23

お店に遅くまでお邪魔してしまいましたが、関越道を一気に走って無事に帰宅。丸一日悩みながら走りましたが、なんだかんだバランスが良くてカッコいいバイクだなーと帰りの給油後、遠目に眺めて思いました。もう少し悩みながらの付き合いになりそうですが、焦らず楽しんでいこうと思います。