R100RSサスペンションテストツーリング(椿ライン〜箱根)

写真 2017-09-24 8 08 18

数回に渡って記事で触れている「R100RSちょっと乗りにくい問題」ですが、前回、前々回のツーリング記事にて、どうやら乗りにくさの原因は操舵系か足回りにあるのではないかという予想に達しておりました。

2017年8月 朝駆け?ツーリング-2(西湘〜箱根) | Scientist on the motor

 

今更ですが、現在装着されているリアサスペンションはプリロードや減衰力を任意に変更できます。そもそもの購入時は結構固めに設定されており、タンデムやフルパニアでのツーリングにはちょうど良い硬さでしたが、ソロツーリングではリアが跳ねるように感じるほどでした。そこでプリロード、減衰力ともに弱く設定して様子を見ていたつもりだったのですが、これによりフロントとのバランスが狂ってしまったのではないかと考えました。

そこで今回、プリロードは最弱で固定したまま、減衰力を最弱、中くらい、最強と変化させて同じコースを走って比較してみることとしました。以前の状態でも走りやすいようなコースでは意味がないので、先日も走った低速コーナーが多い湯河原の椿ラインへ行ってみることにしました。

※今回は手っ取り早い減衰力の設定から先にやってしまっていますが、本来は乗車時の車高?からプリロードを設定し、それに合わせた減衰力を設定するべきなんだそうです。

 

写真 2017-09-24 6 14 47

すっかり早起きスタイルがご無沙汰になってしまいましたが、今週は奇跡的にちょい寝坊で済みました。寝坊すると大混雑な海老名SAもまだ余裕があります。今日の目的はあくまでテストなので、あまり道中は楽しまずにさくっと東名→小田原厚木道路→西湘石橋から湯河原駅を抜けて椿ラインへ。

 

1本目

写真 2017-09-24 7 32 40

伸び側ダイヤル:0/5.5回転(全開)
縮み側ダイヤル:0/20クリック(全開)

とりあえず最弱のセッティングのまま一本目です。がっつり朝練中のイリーガルな方々も少々いらっしゃいましたが、少し早めの時間に到着できたので交通量は少なめです。

一通り走ってみまして、やはりこれまでの印象と同様にコーナー入り口での減速、フロントへの荷重移動時に安定しないというか、嫌な感触です。ターンイン後も落ち着かず、出口の加速でもふわふわします。思いつきでZのようにリアタイヤに乗るようなコーナリングと試してみましたが危うくコースアウトするところでした。特に下りで顕著な乗りにくさを感じました。とりあえずはこれまでの印象の再現が取れたので良かったです。

 

写真 2017-09-24 7 55 18

登り切ってみると、この日も大観山は四輪、二輪で大盛況。小休憩で停める場所にも難儀します。

 

2本目

写真 2017-09-24 8 42 52

伸び側ダイヤル:3/5.5回転
縮み側ダイヤル:10/20クリック

2本目は中くらいの減衰力に調整してテストです。跨った時点でサスペンションの動きが違います。まず最初に気付いたのはブレーキング時の挙動が落ち着いた事でした。今までのフロントに荷重がかかった時の、特に下りコーナーでのフワフワして不安になるリアクションが明らかに減ったと思います。リアの減衰力が最弱だった時はフロントに荷重がかかってもリアが落ち着かなかったことが、ブレーキング時の嫌なリアクションの原因だったのではないかと考えました。
減衰力を少し強くしたことで路面のギャップで跳ねたりしないかと思いましたが、突き上げるような嫌な跳ねはありませんでした。明らかに調整前よりストレスが減って、楽しく走れたと思います。

 

写真 2017-09-24 9 14 28

この日の大観山からの富士山は完全に雲の中。椿ラインも時々雲の中に入ったり出たりで走りにくい区間もありました。

 

3本目

写真 2017-09-24 9 40 33

伸び側ダイヤル:5.5/5.5回転
縮み側ダイヤル:20/20クリック

3本目は減衰力を最強にしてみたところ、路面の細かなギャップを超えた時の硬い突き上げ感をやや感じました。このバイクに乗り始めた頃の乗り味に戻った気がします。やはり最初はかなり固めだったのかもしれません。

峠道は中くらいのセッティング時とそれほど大きな変化はないように感じましたが、たまにフロントが振れるようなリアクションがあることと、やはり細かいギャップ越えでの突き上げ感が気になるところです。全体的には安定していて、上りも下りも、最弱に比べたらよっぽど安定して走れるようになりました。しかし同じ峠を3本も往復すると結構コースを覚えるものですね。

 

写真 2017-09-24 10 47 53

帰りはそのまま箱根まで降りて、観光地で休憩してから御殿場経由で帰路につきました。

雑誌や教科書?に書かれているような当たり前のことでも、実際に自分で走って試してみると説得力があって楽しいものですね。今回の試走を受けて、しばらくは中くらいのセッティングであちこち乗り回してみることにします。

 

会社サボって奥多摩ツーリング

写真 2017-09-14 16 00 23

とある平日、急に身体が出社を拒否したのでお休みをいただき、午後からゆっくり奥多摩パトロールしてきました。

 

写真 2017-09-14 14 49 20

本当は秩父から雁坂通って奥多摩に戻るか、奥多摩から柳沢峠まで抜けてフルーツライン走るか…と思ったのですが、出発の時間が遅かったので叶わず。中途半端に名栗湖まで来てしまったのでしばらく湖面を眺めてぼーっとしておりました。平日のこの時間でもバイクで来る人がたくさんいるんですね。

 

写真 2017-09-14 15 18 29

昔、友人に教えてもらったのにいつも営業時間に合わない名栗湖手前のカフェ。今日ならゆっくりお茶をすすれるはず、と思ったら翌日まで夏休み中でした。何も考えないで写真撮るとバイクの角度が全部一緒になりますね…。

喫茶 gachirin -月輪- | 名栗の山間にある小さな田舎の喫茶店

秩父に抜けるには時間がなかったので、いつものルートを逆戻りして奥多摩湖畔から奥多摩周遊道路へ。当たり前ですが、いつものルートも逆に走れば峠道の上りが下りになって下りが上りになります。走り慣れたつもりの道ですが、逆になるだけで知らない道を走る気分になれました。相変わらず安上がりな男です。

 

写真 2017-09-19 17 34 11

こんな平日の午後にはイリーガルな方々もいらっしゃらないので、ひとつひとつのコーナーを確認するようにゆっくり奥多摩周遊道路を走ってきました。

やっぱりフロント19インチでリアタイヤに乗るようなバイクのコーナリングは気を遣わなくて楽に感じます。一方でR100RSに対して育ちつつあるリアタイアで乗れない苦手意識…。足回りのセッティングを見直した上で色々考えたいですが、もうこれは好みの問題なのかも、とも思いました。

ステムベアリングを替えたお陰か、いつもよりヒラヒラとスムースなコーナリングを楽しめた気がしました(個人の感想です)。こんな穏やかな平日の午後、また仕事をサボってのんびり走りに来たいと思います。

 

Z750four 3回目の車検とW1SA試乗

写真 2017-09-09 11 20 57

ウチに来てから3回目の車検となったZ750four、ODOメーターは約42000km、前回の車検から約7000kmの走行となりました。朝ツーリングで定期的に走り始めたのはここ数ヶ月なので、それまでは1ヶ月あたり500km以下ということになります。ほとんど乗れてないですね〜。

今回はいつものオイル交換等の他にステムベアリングの交換をお願いしました。乗っている分には全然劣化に気づいていませんでしたが、やや引っかかりがあるとの事でしたので早めに交換してもらうことにしました。旧車は早め早めの対応が大切といいますしね。

 

写真 2017-09-09 11 50 29

しかし気がつけばお店での話題は、車検が完了したZよりGさんが組み上げたW1SAの事ばかりになっていました。「いやーW1いいですよ〜」としきりに愛車を褒めるGさんと話しているとうっかり乗ってみたくなってしまったので、近所を試乗させて頂くことになりました。

 

写真 2017-09-09 11 45 33

「まだ詰めなきゃいけないところがある」との事でしたが、予想に反して低回転からスムースに引き出せるトルク感と、レスポンスの良さに驚きました。短い距離の街乗りですからあれこれ試すわけにはいきませんでしたが、以前預かっていたW3と比較して振動が少なく、特に低回転からのパワーの出方が全然違います。

 

写真 2017-09-09 11 50 59

理由はこのキャブレター。純正のミクニVMからAMAL社製930というキャブに交換されているのでした。W1SAにAMALキャブという組み合わせ、セッティングはあれこれと一筋縄ではいかなかったそうですが、Gさんがずっと暖めていたアイデアのようです。

純正のW1SAに乗らずにこのW1SAに乗ってしまったので正確な比較ができませんが、低回転〜アイドリングの振動と音が静かになり、W3に乗っていた時に気になったゼロ発進時のスロットルレスポンスがとても良いです。曰く、高回転までスムースにパワーが出てくれるとの事でしたが、今回の試乗では回せないのでお預けでした。

 

写真 2017-09-09 13 47 07

Zの車検が終わったのにWの話ばかりになってしまいました。しかし荒々しく旧車らしいW1SAの後に乗るZはGさんの言葉を借りれば「20年くらい未来のバイク」に感じるほどなめらかです。これにも改めて驚きました。外から見れば同じような70年代前後のカワサキ旧車ですが、エンジンはともかく、フレーム、ブレーキ、足回りの成熟でここまで変わるものかと、大げさに言えば1970年代のバイクの進化を感じたような気がしました。スムースに加速する4気筒も気持ち良いですが、旧車らしく荒々しいツインも魅力的。バイク趣味って忙しいですね!